雑貨・日用品
2020/4/28 21:00

ビジネスリュック、BBQグリル、万年筆。超注目新製品辛口ジャッジ【日用品編】

数多くの新製品の中から、注目アイテムをプロが使ってインプレッション。「ココが良い!」だけでなく「ココは気になる……」という点も交えて本音でジャッジします。

 

本稿で紹介する前持ちでも使いやすいビジネスリュックと、テーブルとしても使えるBBQグリルはそのアイデアが秀逸。キャップレスで素早く書ける万年筆も、これまでの常識を覆すアイテムです。

 

前持ちでも安心して歩けるスリムなボディは収納力抜群

【ビジネスリュック】

ace.×SOPH.

“前持ちリュック”フロンパック

2万4200円(No.62593)

エースのバッグ&ラゲージブランド「ace.」とアパレルブランドを手掛ける「SOPH.」のコラボレーションで生まれた前持ちスタイルリュック。混雑した電車で迷惑になりにくく、防犯対策にもなります。●サイズ/質量:W280×H410×D100mm/650g

 

私がジャッジしました!

IT・家電ライター

小口 覺さん

メインのカバンはずっとリュックのライター。ワープロを持ち運んでいた時代からなので30年!

 

駅のホームや階段でも前持ちのまま歩きやすい

昔はビジネスマナー上アウトだったリュックもいまやスタンダードに。満員電車で迷惑にならないように前持ちするマナーも一般的になってきました。そんなスタイルの変化に呼応して生まれた「フロンパック」に、いつもと同じ荷物(PCとタブレットを含む)を入れてみたところ、肩ベルトの形状のおかげか、かなり軽く感じました。

 

さらに、本体がスリムで足元の視界を阻害しないので、駅の階段などでも不安なく歩けるのが秀逸。電車を乗り降りするたびに持ち替える煩わしさがなく、スリ対策にもなります。海外旅行でも重宝するに違いありません。

 

カラーはブラック(写真)とネイビーの2種類。デザインは、前持ちスタイルだと防弾ベストっぽく見えるのが少々……。防犯効果はより高くなるかもしれません(笑)。

 

↑後ろに背負う通常のリュックスタイルでもまったく問題なく使用可能。道を歩くときにはこちらのスタイルのほうが自然でしょう

 

↑外側のポケットはスマホを置くトレイとして使え、動画視聴などに便利。長時間だと首が疲れそうですが……

 

↑スリムだが容量は12ℓと十分で、ノートPCと書類、周辺機器くらいなら余裕。内側にペットボトルホルダーも装備します

 

フロンパックはココがウリ

□前持ち時に取り回しが良く背負っても自然に使える

□書類やタブレットを持ち運べるビジネスバッグとしての収納力

□ビジネスシーンで使用できる華美すぎないデザイン

 

【辛口ジャッジ】身体にフィットする掛け心地!スマホトレイは秀逸アイデア

前持ちでも後ろに背負っても身体にフィットし、重さを感じにくいのが◎。肩コリも軽減される気がします。スマホトレイにスマホを入れて動画視聴すれば、電車内で座れなくても気が紛れます!

 

バッグならコレにも注目!

エースの創業80周年を記念し、新幹線での旅に適した「レイリップ」が登場。横型のトロリー(左奥)はカバンを上にセットしやすく、棚への出し入れも容易。8800円~3万6300円。5月上旬発売。

 

BBQグリルとテーブルの1台2役で多くなりがちな荷物を削減!

【BBQグリル】

ロゴス

アイアンウッドグリル/80XL

2万5850円

テーブルにもなるBBQグリル。付属の木製パネルは調理時はテーブルとして、BBQ時はラック棚として使えます。●サイズ/質量:W840×H800/380×D620mm(組み立て時)/約7.7kg

 

私がジャッジしました!

アウトドア愛好家

どっちゃんさん

YouTubeのLOGOS公式チャンネル「おそロゴス」でレビュー中。「自社製品も本音で語る」がモットー。

 

高さを2段階で調節でき調理時の身体の負担を軽減

BBQ時の荷物を少しでもコンパクトにまとめたい人におすすめなのが、「アイアンウッドグリル」です。

 

付属している木製のパネルがポイント。グリルにかぶせれば食材の下ごしらえに便利なテーブルに早変わり。BBQ時は脚に吊り下げてラックとして、調味料などを置く場所として利用可能。別途でテーブルを持参する必要がなくなり、まとめてラックに置いておけます。「塩こしょうどこ?」と探すことが少なくなったのはメリットです。

 

高さは立って行うBBQ時に最適な80cmと、アウトドアチェアに座って調理する際に最適な38cmの2段階にセット可能。火床が直接肌に触れないようなガードも備わり、安全性も高い。

 

↑木製パネルはグリル未使用時は火床にかぶせるとテーブルとして使用可能。BBQ時は調味料などが置けるラック棚になります

 

↑火床はスライド式で燃料の補給もしやすい。グリル網は火床よりも長く、焼けた食材は端に置けば焼きすぎを防止できます

 

アイアンウッドグリルはココがウリ

□BBQグリル兼テーブルとして使え、多くなりがちな荷物を削減する

□スタイルに応じて切り替えられる2段階の本体高さ

□転倒を防止する構造と凸凹な場所でも設置できる安定性

 

【辛口ジャッジ】1台2役の利便性は◎ 安全性に配慮した構造も安心

何よりBBQグリルとテーブルを兼ねるのはとても便利。脚部は安定性の高い八の字型に設計されているほか、「セーフガード構造」が火床が肌に触れないよう4方向を保護するなど、安全性も高い。

 

書き出し1秒! 手軽過ぎる高コスパなノック式万年筆

【ノック式万年筆】

プラチナ万年筆

CURIDAS(キュリダス)

7700円

面倒なキャップの開閉が不要で、ボールペンのように1ノックでサッと書き出せるノック式万年筆。透明軸なので、ノックギミックなどの内部構造が見えるのも、ガジェット好きにはうれしいポイントです。

 

私がジャッジしました!

文房具ライター

きだてたくさん

最新機能派文房具から雑貨系文房具まで、手当たり次第に使ってレビューする文房具ライター。

 

手軽に書けてタフさも万全! 高コスパなノック式万年筆

ノック式万年筆は、片手でカチッとノックして書き出せる手軽さが魅力的ですが、構造が複雑なため、どうしても高価になりがちでした。

 

そこへ登場したのが、7000円台と高コスパな「CURIDAS」。低価格でもプラチナ万年筆ならではの気密性へのこだわりは健在。ペン先収納部の気密空間を小さくしたケースは半年以上インクのドライアップを防ぐという、ノック式としては画期的な性能です。

 

ペン先の太さは3種類用意され、用途に応じて選べるのも便利。手軽・タフ・高コスパを兼ね備え、日常筆記に最適な一本としてオススメできる最新万年筆です。

 

↑ペン先はEF(極細)・F(細)・M(中)の3種類。手帳用にはEF、手紙や宛名書きにはMなど、用途に応じて選びたい

 

↑ペン先を収納する気密ケースは軟質樹脂製。フタがぴったり密着することでインクの乾燥を防ぎ、常に快適に書き出すことができます

 

CURIDASはココがウリ

□ボールペン感覚で使えてサッと文字が書ける即応性

□キャップレスながらインクが乾きにくいケース構造

□複雑な構造になるノック式万年筆としてのコスパの高さ

 

【辛口ジャッジ】 インクが乾きにくく普段使いに最強な万年筆

ノックするだけで即書けるのはとにかく快適。ノック式万年筆としては驚くべきコスパの良さに加え、気密構造でインクがドライアップしにくいのも日常筆記具として優秀です。満足度は高い。

 

文/小口 覺、上岡 篤(本誌)、きだてたく(五十音順) 撮影/福永仲秋(ANZ)

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

TAG
SHARE ON