雑貨・日用品
2021/5/12 10:30

ベルトをしたまま着脱できる! スイスの有名メーカー・ビクトリノックスが生み出した「ベルトハンガー」レビュー

マルチツールやキッチンナイフ、フレグランスなどを取り扱うスイスの「Victorinox(ビクトリノックス)」。同社の「ベルトハンガー」はベルトに引っかけて、鍵やマルチツールなどを腰からぶら下げられるアイテムです。Victorinoxは日本でもおなじみのメーカーだけに、SNS上では「相変わらず洗練されたデザインでカッコいい!」「機能はもちろんロゴも素敵」といった声が。どのように使用する商品なのか、実際に確かめていきましょう!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

 

●スナップフックがついた「ベルトハンガー」(Victorinox)

外出する際に自宅や車の鍵をポケットに入れる人は多いと思います。 同じポケットに鍵と財布を入れてしまうなんてこともしばしば。でも、もし財布を取り出したときに、鍵が一緒に引っぱり出されて気づかないまま落としてしまったら大変ですよね。そんな方にぴったりのアイテムが、スイスの有名メーカー「Victorinox」が取り扱う「ベルトハンガー」(1144円/税込)。同社は日本でもマルチツールが人気を得ていますが、果たしてベルトハンガーの使い心地はいかに?

 

スナップフックがついた同商品のサイズは26(高さ)×138mm(長さ)。ステンレススチール製で重さは38gあります。手にするとやや重く感じますが、ベルトに取りつけてしまえば気になりません。

 

ベルトへの取りつけ方は簡単で、まずはキーリングがついているステンレスパーツを横向きに。そのままベルトの上から差しこみ、再びキーリング側のパーツをグっと下に向かって倒すことでベルトに固定できます。

 

 

実際にベルトをした状態で取りつけてみても、引っかけたベルトハンガーが外れてしまう気配はありません。ご覧の通りVictorinoxのロゴが正面を向くので、ステンレススチールの無機的な質感にアクセントが加わりますよ。

 

同商品を購入した人からは、「デザイン・質感・使い勝手がよくて1144円は安い!」「ベルトをした状態で着脱できるのがイイネ」などのコメントが。鍵の紛失が心配な方は、「ベルトハンガー」を使ってみては?

TAG
SHARE ON