著者 - 中山秀明

中山秀明

内食・外食のトレンドに精通した、食の専門家。GetNavi webではグルメ以外にもインタビュー記事や体験レポートを多く寄稿している。そのほか、テレビや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活躍している。

“うま味”が効いた個性的な味! 話題で持ち切りの黒船「UMAMI BUGER®」は150人の大行列に

GetNavi本誌でも2017年トレンド予測でトップレベルのトピックに挙がっていた「UMAMI BURGER®」。日本上陸の発表から、いまかいまかと待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。そしてついに3月24日に日本1号店がオープンとなり、初日は約150人の大行列に! 今回は内覧会で公開された代...

新しい「伊右衛門」に隠された味とデザインの秘密! 仕掛け人の証言からお茶の未来が見えた

サントリーの主力商品のひとつで、ペットボトル緑茶の代表格ともいえる「伊右衛門」。誰もが飲んだことのある定番飲料ですが、3月7日に大幅なリニューアルを経て新発売したのをご存知でしょうか? うたい文句は”誕生。ひとつ上の、伊右衛門”。今回はその背景には何があり、味やデザインがどのように変わったのかをレポ...

【酉年到来】居酒屋不況をものともしない「鳥貴族」の強さ! その理由と人気商品を担当役員に直撃してきた

一説として若者の酒離れやファストフード店での「ちょい飲み」需要などによって、居酒屋業界は不況だといわれています。そんな社会情勢にあって、快進撃を続けているチェーン店があるのをご存知でしょうか? この5年間で営業利益が10倍以上に伸び、2016年には一部上場。そして同年500店舗を突破した鳥貴族です。...

ガストの新フェアは挑戦的で100円引きメニューもあり! 進化するファミレスのハンバーグは週末にこそ食すべき

ファミレスメニューの定番といえばハンバーグ。そして、ファミレスの国民的ブランドといえば「ガスト」ではないでしょうか。つまるところ、ガストのハンバーグは最も食べられているファミレスメニューのひとつといえますが、本日3月17日より7種のハンバーグが登場する「TRY! ガストの新ハンバーグフェア」がはじま...

【酉年到来】歴代人気No.1の「からあげクン」は? ローソンの担当者に歴史や歴代人気味などの“トリ”ビアを聞いてみた

2017年の干支は酉(とり)。そんなこともあって、年初から食に関する業界で鶏を売り出すさまざまな動きが見られます。なかでも個人的に注目している企業のひとつがローソン。なぜなら、ローソンといえば唯一無二のホットスナック「からあげクン」という人気ブランドがあるからです。そこで今回は、からあげクンを中心と...

あのお菓子大国には「ホワイトデー」が存在しない! フリット、コートドールがベルギーの最新トレンド

昨今の日本では、バレンタインの次はホワイトデーというのがひとつの慣習になっています。ですが、2月14日や3月14日にチョコレートやお菓子を異性に贈る行為は世界共通ではありません。これはスイーツ大国ベルギーでも同様で、特にホワイトデーに関してはそのイベント自体がないそうです。ただ、何かのお礼やお祝いな...

バーボンの時代がやってきた!? 角ハイで文化をつくったサントリーがビームハイボールを激推しする理由

2016年春からサントリーが積極展開している「ビームハイボール」。これは世界一の売上を誇るバーボン「ジムビーム」を使ったハイボールのことで、実際に店などで飲んだ人も多いように絶好調です。この動きはより強めていくとのことですが、その背景や狙いを探るべくサントリーの戦略をひも解いていきましょう!&nbs...

新ブランドを立ち上げた理由とは? 鉄板料理の名門「うかい」がロティサリーチキンメインのフレンチをオープン!

「うかい」といえば、夢のようなロケーションや物語性のある空間で最高ランクの美食を味わえる名門。特に鉄板料理の「うかい亭」は、有名グルメポータルサイトのステーキのジャンルで屈指の人気を誇るなど、知名度も抜群です。今回、その「うかい」に新ブランドが誕生しました。出店の背景や狙いとともに、魅力をお伝えして...

ヒューガルデンの次に知るべきベルギービール! 「ジュピラー」と「ブルージュ・トリプル」

チョコレートにワッフル、フライドポテトと、おいしい食べ物が多いイメージのベルギー。ドリンクでもビールが多種多様なことで知られており、日本でもベルギービールレストランやベルギービールのフェスがたくさんあります。そこで、ベルギー出身のカッハロフさんに現地のビール事情を尋ねてみました。 アクバー...

すべての料理がタイ料理に変わる! いま注目の「パッポンカリー」ってナンだ?

パクチーのトレンドやトムヤムクンヌードルの定番化など、日本におけるタイ料理は一定の市民権を得たといっていいでしょう。なかでも、おなじみのタイ料理といえばグリーンカレーやガパオですが、いま最も注目されているのは「パッポンカリー」だということをご存知でしょうか? これは大手旅行業者「H.I.S...

ビールが飲まれなくなった理由ーーキリンが挑むのはクラフトビールとグランピングと草鍋

毎年、アルコール市場で注目される動向のひとつがビール類です。”消費者のビール離れ”などが叫ばれているように、2016年も苦戦。その出荷量は前年比2.4%減となり、12年連続で過去最低を更新(ビール大手5社が発表)しました。そもそも、なぜビールはここまで売れなくなってしまったのでしょうか? 今回はその...

コロッケ監修&総工費5億円の「ものまねシアター」が1周年! 新ジャンル“エンタメレストラン”が外食市場を盛り上げる

外食の業態にはさまざまなジャンルがありますが、料理と一緒にライブやパフォーマンスを楽しめる“エンターテインメントレストラン”というジャンルが存在します。ですが、敷居が高そうというイメージも強く、いまだに足を踏み入れたことがない人も多いのでは? そこで今回、とある店が1周年記念を感謝して気軽なプランを...

“食べるラー油ブーム”の再来? キッコーマンの「サクサクしょうゆ」はどんな料理も超本格派になる魔法の調味料だった

某トレンド誌の「2010年ヒット商品ベスト30」で、「食べるラー油」が1位に輝いて早7年。その後、フード業界ではさまざまなブームが起こりましたが、調味料としてはなかなか食べるラー油ほどのブレイク品が出ていません。しかし、あの隆盛の再来を予感させる話題作が、ついに2月13日に発売されました。それが「キ...

チョコを贈るのはバレンタインではなくイースター! チョコレート大国・ベルギーのイベント事情

現在の日本はバレンタインデーやホワイトデーと、チョコやスイーツシーズンの真っ只中。百貨店では有名ショコラティエの高級チョコに人気が集まっていますが、そこで名を馳せているのが「ゴディバ」や「ピエール・マルコリーニ」といったベルギーブランド。そこで今回は、このチョコレート大国出身のゲーロムスさんにベルギ...

25周年を迎えたサントリー「BOSS」の攻勢がはじまった! ウイスキー樽で燻製した日本初の缶コーヒーとは?

1992年に産声を上げたサントリーの缶コーヒー「ボス」。“働く人の相棒コーヒー”として、2017年で25周年を迎えたロングセラーブランドの今年1発目となる大型新商品が2月7日にデビューしました。缶コーヒーでは初(サントリー調べ)となる、ウイスキー樽のチップで燻製させた豆を使っているとのことですが、い...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170324-a05 (1)

ダウンタウンの「それゆけ大運動会」を弱キャラのみ+αの特別ルールで優勝せよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170321_Y10

フェラーリが世界中で展開する「70周年記念イベント」の概要を発表

20170321_Y02

ニャンと!リュクスな猫たちがくつろぐ“高級物件編”と猫背も凍る!?“J・ホラー物件編”の2種類の特報映像!映画「ねこあつめの家」

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク