EV 関連記事

想定価格は4000万円! 日本初のEVスーパーカー「GLM G4」の詳細が明らかに!

4月18日、電気自動車メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカー「GLM G4」を東京で初披露した。GLMは2019年の量産を目指しており、1000台の販売を見込んでいる。想定価格は4000万円とのこと。

見た目は小さくても「1+2シーター」の3人乗り!トヨタが都市向け小型EVコンセプトを披露

トヨタは、スイス・ジュネーブで開催されている第87回ジュネーブ国際モーターショーにて、近未来における都市型モビリティのコンセプト「トヨタ i-TRIL(アイトリル)」を世界初披露した。

現金もカードも使えないカフェ!? 日産がパリで「EVカフェ」をオープン

日産ヨーロッパが12月16日から18日までの3日間、パリにユニークなカフェをオープンした。「ニッサン・エレクトリック・カフェ」を称するその店では、飲み物の支払いにキャッシュやクレジットカードが使えない。

EVカフェ日産

世界最速を謳うEVスーパーカー「NIO EP9」登場! EVとしてどころか全スポーツカーの中でも最速の部類!?

11月21日、NextEV(ネクストEV)社は、NIOブランドから世界最速の電気自動車「NIO EP9」を発表した。NextEVはフォーミュラEにも参戦している新興電気自動車メーカーで、NextEV NIOフォーミュラEチームは2015年にドライバーズタイトルを獲得している。発表に先立ちEP9は10...

ルノーの新型EV「ゾエ」の航続距離が400kmへ! 日産リーフはどうなる?

ルノーが欧州市場においてコンパクトEVの「ZOE(ゾエ)」をマイナーチェンジ、発売した。最大の特徴は、大容量バッテリー「ZE40」の搭載により、航続距離が400km(NEDCモード=新欧州ドライビングサイクルモード)にまで延びたことだ。

ボンネットからルーフまでがまるごと開閉!? 斬新過ぎるルノーの新型EV

ルノーはパリモーターショー2016において、EVの2シーターGTクーペコンセプト「TREZOR(トレザー)」を初披露した。トレザーは、今後のルノー車のデザインにおける方向性を表現したコンセプトモデル。

EVTREZORルノー

【本当の話】「マクラーレンP1」の電気自動車が5万円で買える!

マクラーレンは「マクラーレンP1」のEV仕様車を発表した。既存のP1は737ps/720Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載したハイブリッドシステムを搭載していたが、このニューモデルは電気モーターのみで駆動する、完全な電動車となる。あの“P1”の名称が冠せられるモデルだけに、E...

人気の動画ニュースVideo News

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

20170410_Y01

人はパンの香りだけで目覚めるのか? 安田大サーカス・クロちゃんで実験してみた結果

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

衣類乾燥除湿機
ホンモノケイカク