AV
オーディオ
2019/1/16 20:00

カセットテープもレコードもカラオケも1台で! 一体型オーディオ「LP-R560K」

ティアックは、ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー「LP-R560K」を1月下旬に発売します。直販サイトでの販売価格は6万9984円。

 

「LP-R560K」は、カセットテープ、アナログレコード、CDの再生が可能なスピーカー内蔵の一体型オーディオシステム。マイク入力端子を2系統備え、デュエットカラオケも可能。2段階のエコー機能(強、弱、オフ)や、±約1オクターブのキーコントロール(合計13ステップ)など、細かい調整も行えます。

 

新たに、再生音源のボーカル音量を小さく抑える「ボイスキャンセル機能」も搭載。カラオケ用音源がなくてもカラオケ気分を味わうことができます。

 

カセットテープやレコード、ラジオの音をCDに録音できるレコーダー機能を備えており、手持ちのアナログ音源をデジタル化して残すことも可能。録音したCDを再生する時に便利な、曲番付けを自動/手動で行うこともできます。

 

本体は、3.5W+3.5Wのステレオアンプに加え、豊かな低域を再生するバスレフ方式のステレオスピーカーを内蔵。本体の操作ボタンおよびリモコンは、誰でも操作しやすい日本語表記となっています。

 

音楽鑑賞だけでなくカラオケにもぴったりな一体型オーディオ「LP-R560K」が1台あれば、様々なシーンで活躍してくれそうですね。

TAG
SHARE ON