AV
イヤホン
2019/5/21 13:00

最新チップで接続性・バッテリー持ちが向上! 進化した完全ワイヤレスイヤホン「FUNOHM F2」

メイは、イヤホンブランドFUNOHM(ファノーム)より、クアルコムの新世代Bluetoothチップ「QCC3020」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「F2」を発売します。カラーはブラック、ホワイト、グレーの3種類で、発売日はブラックとホワイトが5月24日、グレーが6月21日。価格は9200円(税別)。

 

 

「F2」は、2018年10月に発売された同ブランドの第1弾モデル「F1」の後継モデル。新たにクアルコムのBluetoothチップ「QCC3020」を搭載することで、完全ワイヤレスモデルで重要な無線接続の安定性を向上。さらに、同チップの超省電力化テクノロジーにより、左右分離型でありながら1回の充電で20時間という業界最長(同社調べ)の連続再生を可能にしています。

 

本機には、完全ワイヤレスイヤホンとしては大型な13mm径ダイナミック型ドライバーを搭載。大口径ならではの高い音圧と迫力のあるサウンドを楽しめます。また、自然なヴォーカル再生や楽器の分離感を重視したチューニングを行い、聴きやすい音色に仕上げています。BluetoothコーデックはSBC、AAC、aptXの3種類をサポート。

↑13mm径のダイナミックドライバーを搭載

 

スマホのAIアシスタント機能にも対応しており、本体外側に備えるマルチファンクションボタンを2回押すだけで呼び出すことができます。また、右ユニットにはマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話も可能。

 

↑マルチファンクションボタンを2回押せばAIアシスタント機能を呼び出せます

 

装着性にもこだわっており、シリコン製イヤーピースは5サイズ、さらにFUNOHMが特許を取得したスタビライザー「Tragus Fit(トラガスフィット)」を3サイズ同梱しています。これらを組み合わせることで、F2をしっかりと耳にフィットさせられます。イヤホン本体は防水・防汗仕様(IPX5相当)で、高さ4mからの落下にも耐える構造となっており、普段使いからスポーツシーンまで幅広い場面で使えます。

 

充電はイヤホン本体左右それぞれに備えたマイクロUSB端子から行なうため、同梱の二股USBケーブルを使えば左右同時に充電可能。充電端子はキャップ不要の防水仕様となっています。

 

最新チップによりさらに進化した完全ワイヤレスイヤホンFUNOHM「F2」は、これまでの完全ワイヤレスに満足できなかった人にオススメのモデルといえそうですね。

 

FUNOHM

完全ワイヤレスイヤホン F2

実売価格1万40円

 

協力:楽天