AV
イヤホン
2019/5/31 18:30

AirPodsとどっちがオススメ? Beats初の完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」レビュー

Beats by Dr. Dre初の完全ワイヤレスイヤホンとして話題の「Powerbeats Pro」を、発売よりもひと足早く試せる機会をゲットしました。アップル「AirPods」の最強のライバルとしても注目されている最新完全ワイヤレスイヤホンの実力を速報レポートしたいと思います。

↑Beats初の完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」

 

BeatsとAppleが共同開発したイヤホン

Powerbeats ProはBeatsとAppleがイチから共同開発した完全ワイヤレスイヤホンです。Appleが今年の3月に発売した完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」と同じ、独自開発のBluetoothオーディオ用チップ「Apple H1」を載せて高い接続性能を実現。ハンズフリーで「Hey Siri」と話しかけるだけで音声アシスタントを起動できるようになりました。Powerbeatsシリーズといえば、アスリートに人気のワークアウト用イヤホンとしてもよく知られていますが、なぜBeats初の完全ワイヤレスイヤホンが同シリーズから誕生することになったのかなど、本機の開発に至るストーリーについてはBeatsのプレジデント、ルーク・ウッド氏に詳しくインタビューしていますので、ぜひ合わせて読んでみて下さい。

 

今回は従来の左右イヤホンがケーブルでつながっている「Powerbeats3 wireless」とのデザインや音の違いも確かめながら、Powerbeats Proのレビューに挑みたいと思います。

↑Powerbeats3 wireless(左)とPowerbeats Pro(右)を比較しつつレビューします

 

ケースは少し大きめ。ペアリングは超カンタン

商品パッケージを開けると充電用のLightningケーブルと交換用のイヤーピースが同梱されています。イヤーピースは全てシリコン製のS/M/Lサイズと、傘が2重になっているダブルフランジタイプのMが1ペア入っています。

 

Powerbeats Proの専用ケースはいまどきの完全ワイヤレスイヤホンに比べると少し大きめですが、イヤーフックタイプのデザインを採用するイヤホン本体を、フックを付けたまま収納できることを考えれば妥当なサイズ感であるといえます。ただ普段からワイヤレスイヤホンを持ち慣れている方にとってはやはり、ケースが大きくて重く感じられるかもしれません。

↑ケースは少し大きめに感じられますが、イヤーフック一体型のイヤホンを格納することを考えれば妥当なサイズ感といえます。内蔵するバッテリーはイヤホン単体で9時間の音楽再生が可能。ケースを合わせると24時間以上の音楽再生を楽しめます

 

↑ケースはLightningケーブルで充電します。Fast Fuel機能を使用すると5分間の充電で最大1時間半ぶん、15分の充電なら最大4時間半ぶんの再生が可能なバッテリーを急速にチャージできます

 

ケースのフタを開けると2つのイヤホンが“前向き駐車”の方向で整然と収納されています。イヤホンの底面に充電用のコネクタがあり、マグネットでカチっと装着。充電されます。イヤホン本体には電源ボタンがありません。ケースから取り出すと自動的に電源がオンになり、戻すとオフになって充電が始まる仕組みになります。iOSのBluetoothオーディオの機器設定から「自動耳検出」をオンにすると、ユーザーがイヤホンを身に着けていないことを、本体に内蔵するモーション加速度センサーが検知して音楽再生を停止。自動的にスリープモードに切り替わります。

↑ケースを開けるとイヤホンが前向きに装着されています

 

Beatsのラインナップには既にアップルのApple W1チップを搭載する「BeatsX」や「Powerbeats3 wireless」があるので、iPhoneなどiOSデバイスとのBluetoothペアリングがAirPodsと同様にワンタッチで簡単にできることは体験済みの方も多くいるのではないでしょうか。Powerbeats Proには最新のApple H1チップが搭載されているので、ペアリングのスピードが速くなっているようです。ただイヤーフックタイプのイヤホンなので、新しいAirPodsに比べるとどうしても耳に着ける時間が少しかかるため、装着が完了した時にはペアリングが完了しており、あとは音楽再生がいつでもスタートできる状態です。細かいことですが、ペアリングが完了した時にイヤホンから聞こえてくるチャイムがBeatsXの世代から変更されてフレーズが短くなりました。

↑ケースを開けるとiPhoneの画面にペアリング設定のポップアップが表示されます。Apple H1チップを搭載するイヤホンだからこその簡単ペアリングが魅力

 

↑AndroidスマホやPCとペアリングする場合はケース内側のボタンを長押ししてペアリングモードに入ります

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON