AV
イヤホン
2019/11/29 18:00

気軽に使うのにちょうどいい! 1万円以下の「完全ワイヤレスイヤホン」4選

2018年ごろから大ヒットとなっている「完全ワイヤレスイヤホン」は、1万5000円~2万円くらいの価格帯が主流となってきましたが、ここにきて1万円を切るモデルも多数登場しています。上位モデルほど多機能ではないものの、音楽を聴くだけなら十分なスペックを備えているので、気軽に使えるデイリーユースのイヤホンとしてオススメ。

 

今回は、よりカジュアルに使える1万円以下の低価格モデルを紹介します。

 

【その1】

価格に見合わぬ多機能ぶり

Anker
Soundcore Liberty Air 2

実売価格7999円

ダイヤモンドコーティングを施した6mm径のドライバーを搭載。また、「Hear ID」機能を搭載し、アプリ上で周波数ごとの聴き取りやすさを測定することで、自分の聴こえ方に応じたHearing Profileを作成して音質調整が可能です。充電ケースはワイヤレス充電にも対応しています。

【SPEC】●コーデック:SBC/AAC/aptX ●連続再生時間:イヤホンのみ最大7時間/充電ケース併用最大28時間 ●充電時間:10分の充電で約2時間使用可 ●防滴/防水:〇(IPX5) ●充電端子:USB Type-C

 

Ankerならではの多機能っぷり

この価格帯で「ワイヤレス充電」やパーソナライズ機能「Hear ID」などの最新機能を備えている機種はほとんどありません。他のメーカーなら上位モデルに採用される機能を、低価格帯の製品に惜しげもなく投入できるのはAnkerならでは!

↑ワイヤレス充電に対応

 

【その2】

寒い季節にピッタリのタッチ操作対応イヤホン

Skullcandy
Indy

実売価格9870円

静電容量式タッチセンサーを左右のイヤホンに搭載し、音量の調整や曲送り/曲戻しなどの操作をすべてタッチ操作で行うことが可能。IP55相当の防塵・防水性能を持ち、スポーツ時やアウトドアなどさまざまなシーンで使用できます。カラーはブラックのほか、インディゴやディープレッドなどをラインナップ。

【SPEC】●コーデック:SBC ●連続再生時間:イヤホンのみ最大4時間/充電ケース併用最大16時間 ●充電時間:10分の充電で約1.2時間使用可 ●防滴/防水:〇(IP55) ●充電端子:micro USB

 

これからの季節にタッチ機能が便利!

イヤホンのハウジング部分にタッチセンサーを備えているので、タッチ操作対応の手袋を着けたままでも簡単に操作できます。一般的なボタンタイプは、手袋を着けたままでは操作しにくいので、これからの季節に便利ですね。

↑ロゴが入ったコンパクトなケース

 

【その3】

スタイリッシュなコンパクト設計

オウルテック
Samu-SE03

実売価格8610円

人間工学に基づいた耳にフィットする形状の完全ワイヤレスイヤホン。左右のイヤホンにそれぞれ2つずつボタンを備えており、「ボタン2度押しで曲送り、3度押しで曲戻し」といった複雑な操作を覚えなくてもOK。誰でも簡単に操作できます。また、小型軽量デザインを採用し、耳の小さな人や女性でも装着しやすくなっています。カラーはブラックとホワイトの2色。

【SPEC】●コーデック:SBC/AAC ●連続再生時間:イヤホンのみ最大4時間/充電ケース併用最大24時間 ●充電時間:約2時間 ●防滴/防水:〇(IPX4) ●充電端子:micro USB

 

とにかくコンパクト!

小型軽量設計にこだわっているので、他のメーカーのイヤホンが大きくて耳に収まらない……という方にも最適。女性にもオススメです。

↑小型なのでどんな耳にもフィットします

 

【その4】

JBLならではの元気なサウンドが楽しい

JBL
TUNE120TWS

実売価格7950円

5.8mm径のドライバーを搭載し、躍動感あふれる「JBL Pure Bassサウンド」が楽しめます。また、イヤホン部には操作ボタンを備え、再生/一時停止や曲送り/曲戻しなどの操作ができるほか、スマホ接続時のハンズフリー通話にも対応。Google NowやSiriといった音声アシスタント機能もワンプッシュで呼び出すことができます。カラーはブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4色。

【SPEC】●コーデック:SBC ●連続再生時間:イヤホンのみ最大4時間/充電ケース併用最大24時間 ●充電時間:15分の充電で約2時間使用可 ●防滴/防水:× ●充電端子:micro USB

 

カラバリ豊富で選びやすい

全4色のカラバリを用意しており、老若男女を問わず好みのカラーを選べます。

 

↑カラーは4色をラインナップ

 

【番外編】

ネックケーブルタイプも見逃せない!

TaoTronics
TT-BH07S

実売価格5330円

クアルコムの最新チップ「QCC3034」を搭載し、音質やスタミナを向上させたネックケーブル式のワイヤレスイヤホン。高音質を実現するチタンコートドライバーに加え、高音質コーデックのAAC、aptX、aptX HDにも対応。ワイヤレスを超えた音質が楽しめます。カラーはブラック、ホワイト、レッド、ピンクの4色。

【SPEC】●コーデック:SBC/AAC/aptX/aptX HD ●連続再生時間:最大15時間 ●充電時間:約1時間30分 ●防滴/防水:〇(IPX5) ●充電端子:micro USB

 

音質やバッテリー持ちなどバランスの取れた

左右のイヤホンがケーブルでつながれたネックケーブル式は、完全ワイヤレスイヤホンのような制約がないので、バッテリー持ちや接続安定性に優れたモデルが揃っています。価格も手ごろなものが多く、初めてのワイヤレスイヤホンならこちらのタイプを狙ってもよいでしょう。

↑装着時の安定性を高めるフックのほか、IPX5相当の防滴性能を備えておりスポーツ用としても使えます

 

協力:楽天市場

 

【この記事を読んだ方はこちらもオススメ】

AirPodsで他人とかぶりたくない人のための個性派「完全ワイヤレスイヤホン」6選

【ポタフェス2019夏】注目機種がズラリ揃った「完全ワイヤレスイヤホン」徹底試聴レポ