本・書籍
料理
2021/1/29 20:00

知りたいのは「間違いない味」! プロの料理家のレシピだけを集めた『Nadia magazine』は、おうち時間をぐっと豊かにする!

昨年の緊急事態宣言以来、料理をする人がかなり増えたそうだ。思うように外出できず、飲食店の営業時間も短くなっているのだから、当然といえば当然だろう。

 

毎日食事を作っている主婦の立場からしてみても、休校続きで子どもが一日中家にいる、旦那はテレワークで家にいる、かといってテイクアウトやデリバリーはお金がかかる。必然的に、ご飯を作るしかない。いつも以上に。

 

さて、そうなるとネックになるのが献立だ。夕食だけなら、持っているレパートリーを順繰りさせればごまかせたが、もう一食、二食追加になることで、明らかにレシピがマンネリ化してくる。

 

さほど料理に対して情熱がない私は、新たなレシピを編みだすなど論外。冷蔵庫にある材料をもとに、ネットでレシピを検索することになるのだが、ここで欲が出てくる。初めてチャレンジするレシピだろうと、失敗したくない。間違いない味のものを作りたいのだ。

 

というわけで、最近よく利用しているレシピサイトがある。月間ユーザー数2000万人という話題のメディア「Nadia(ナディア)」である。

 

【関連記事】
超レッドオーシャンの「レシピサイト業界」に新しい動きが。月間2000万ユーザーを抱える「Nadia」の本質的な「モノづくり」

 

厳しい審査を通過したプロの料理家だけがレシピを投稿できる

「Nadia」の大きな特徴は、厳しい審査を通過し、運営会社によって「Nadia Artist」と認められた人しかサイトにレシピを投稿できないということ。つまりプロの料理家のレシピしか載っていないのだ。どんなに私のオリジナル豚キムチが美味しかろうと、「Nadia」には載せてもらえないのである。

 

「むね肉のしそチーズはさみ焼き〜照り焼きソース〜」by Yuuさん/出典画像:プレスリリースより

 

「Nadia」に集められたレシピはどれも、味はもちろん、料理写真の撮り方やレシピ解説文に至るまで、さすがプロ! と唸ってしまうクオリティ。特に、写真が素晴らしい。見ているだけで「作ってみたい! 食べてみたい!」と垂涎ものである。

 

「ハレの日に食べたい本格派 ほうれん草とベーコンのキッシュ」by筒井しょうた/出典画像:プレスリリースより

 

もちろん料理の味付けには好みがあるので、プロのレシピだからといって確実においしいと感じるわけではないが、それでも味付けの失敗を最大限防げるので、かなり重宝しているサイトなのだ。

 

とはいえ、実際に料理するときは紙のレシピが便利です

そんな便利な「Nadia」だが、実際に料理を作るときは、できれば紙のレシピが見たいと思ってしまう私はアナログな昭和の人間だろうか。

 

スマホにレシピを表示しておいても、気づけば画面が消えてしまっている。濡れた手で操作するのは怖いので毎回手を拭かないといけないし、スクロールしてレシピの続きを見るのも煩わしい。だから、レシピ本の方が使い勝手が良くありがたい。

 

おそらく、同じような声が多かったのだろう。先日、「Nadia」で人気のレシピを集めた『Nadia magazine』というレシピ本が発売になった。聞けば、普段ネットでレシピを検索する習慣がない年齢層高めの人たちにも「Nadia」のレシピを届けたいという想いから、企画立案されたそうだ。

 

なるほど、たしかに実家や義実家の母たちがネットでレシピを探している姿を見たことがない。そのかわり、料理雑誌やレシピ本は定期的に購入している様子。早速、両実家に『Nadia magazine』を贈ると、すぐに喜びのメールが届いた。「美味しそうで便利そうなレシピばかり!」「色とりどりで見ていて楽しいし、挑戦したいの一杯」(メール本文ママ)と、毎日の食事作りに一役買っているようだ。

 

有料会員限定の「人気ランキング上位レシピ」も公開!

実際に、私自身も何品か『Nadia magazine』のレシピを作ってみたが、いずれも家族の評判がすこぶる良い。さすがプロのレシピである。

 

そしてもう一点、『Nadia magazine』の良き点をお伝えしたい。それは、ランキング形式でレシピが並んでいるということ。

 

ネットで人気の高いレシピを探そうとすると「ここからは有料会員への登録が必要です」と表示されて、がっくりと肩を落としているのが常だが、『Nadia magazine』では、Nadiaで公開しているレシピの中からユーザー人気の高いレシピをランキングで教えてくれている。これが地味に助かる!のである。

 

そんなこんなで、しばらくは『Nadia magazine』さえあれば、食事作りに困ることはなさそうだ。「フライパン1つ」や「調味料3つ以内」「火を使わない」といったアイコンがついている、初心者でも挑戦しやすい簡単なレシピがほとんどなので、コロナ禍によって料理をはじめようという人にもおすすめしたい。おうち時間を豊かにしてくれる『Nadia magazine』、日本中の食卓を彩ってくれる一冊だ。

 

【書籍紹介】

 

Nadia magazine vol.01

発行:ワン・パブリッシング

人気レシピサイトNadiaの中から、圧倒的に支持される料理家のレシピを厳選して掲載した公式料理ムック本です。毎日の料理に役立つ、「つくりやすくておいしい」レシピをはじめ、有料会員限定の人気レシピのランキングや、Yuuさん、RINATY(りなてぃ)さんなどのベストセラー料理家からアジカン伊地知潔さん、大人気YouTuberなどによる、この本でしか見られない新作レシピを紹介します。

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

 

 

 

TAG
SHARE ON