本・書籍
自己啓発
2023/1/20 21:30

なんかダルい、モヤモヤするなら3秒でととのう「プチリセット」で気分スッキリしちゃおう!『もやだるさんのリセットスイッチ』

1月がスタートしたというのに、なんだか毎日ダラダラしてしまう、スッキリしないという人はいませんか? 本当は頑張りたいのに、心が疲れてしまっているというときは『もやだるさんのリセットスイッチ』(伊藤東凌・著/ディスカヴァー・トゥエンティワン・刊)にあるリセット方法を試してみるのがいいかも。

 

この本の著者は、京都にあるお寺・両足院で副住職を務めている伊藤東凌さん。どうしてモヤモヤしてしまうのか? 現代人が抱えがちな心の動きから、解決法までをやさしい言葉で解説してくれています。なんだかやる気がでない人、気持ちが落ち着かない人におすすめですよ。

 

「もやだる」の原因は、無意識なネガティブ志向

伊藤さんのお寺には、毎日いろんな悩みを抱えた方が訪れ、相談されていくそうです。恋愛や仕事、家族や人生など悩みの種類は違っても、みんなにはある共通点があるのだとか。それがネガティブな感情を断ち切れず、引きずっていること。その感情は一生続いていくわけではないのに、ネガティブがず〜っと心に棲みついて「もやだる」になってしまうのだとか。そもそもなんで「もやだる」になってしまうのでしょうか? その原因は、人間の脳に秘密があるそうです。

 

人間は、厳しい環境を生き抜くために、生存本能から、もともとポジティブな情報よりもネガティブな情報に注意を向けやすい認知システムを備えているそうです。そのため、特に何も意識していないと、イヤなことや不安なことが目についてしまったり、記憶に残ってしまったりするのだそうです。

(『もやだるさんのリセットスイッチ』より引用)

 

自分の「もやだる」を振り返ってみても、24時間ずっと続いているわけではないはずです。ちょっとした瞬間に「おいしい」とか「うれしい」、「たのしい」という感情が動いたはずなのに、なぜか不安なことのほうが強烈に記憶に残ってしまっていることってありませんか? これらは脳が無意識にやっていることなので、「こらこら、ネガティブはいかんぞ」とリセットすることが大切になってくるそうです。

 

ごきげんな人は、切り替え上手

無意識にネガティブになりやすいのが人間ですが、全員が「もやだる」さんというわけではありません。ごきげんに過ごしている人間もたくさんいます。落ち込むことがあっても「いつもごきげんだな〜」という人は切り替えが上手。ネガティブなことがあっても、引きずらないんです!…… と、簡単に書けますが、一体どうやって日々をごきげんに過ごしているのでしょうか? 切り替え方は、本のタイトルにもなっている「リセットスイッチ」なのだとか。

 

リセットスイッチは、もやだるの原因となる出来事が起きたときに、ネガティブに触れた感情がだらだらと続かないように、スパッと断ち切って「今」に戻れるスイッチです。

スイッチのポイントは、体を動かして五感を刺激すること。

(『もやだるさんのリセットスイッチ』より引用)

 

五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚のどれか。ひとつでもふたつでもいいそうですよ。さらに、刺激するのは3秒くらいでもいいとのこと! 『もやだるさんのリセットスイッチ』には、手拍子パチンや指ろうそく、足そろえてトントンなどかわいいネーミングがついた3秒でできるリセットスイッチが紹介されています。読んでいるだけだと、「本当にこんなので効果があるの?」と思ってしまうのですが、実際にやると気持ちが驚くほど切り替わります。

 

私も年始から「あぁ〜なんで私ばっかり!」とイライラすることがあったのですが、眉間伸ばしをやったら心が落ち着きました。小さなことですが、やるとやらないとでは大違い。道具も使わず、気持ちを切り替えられるので気になる方は『もやだるさんのリセットスイッチ』を読んで実践してみましょう。

 

スイッチを習慣にして、ごきげんな日々を

人間は無意識にネガティブになってしまう生き物なので、いつの間にかスイッチが切り替わってイライラしたり、もやもやしたりしてしまうことがあります。いつネガティブがやってくるかわからないので、客観的に自分の状態を把握できるようスイッチを習慣化しておくのもおすすめなのだとか。

 

リセットスイッチが習慣になって、いつもと違う自分に気づけるようになると、もやだるを遠ざけられるようになります。それは、次にとるべき行動の準備ができるだけでなく、自分のことを客観的に見ることができるようになるからです。

このことを、心理学の専門用語で「メタ認知」といいます。

(『もやだるさんのリセットスイッチ』より引用)

 

『もやだるさんのリセットスイッチ』はちょっとした習慣や、ごきげんな毎日を過ごすために必要なノウハウがたくさん掲載されています。2023年が始まったばかりなのに元気が出ない、いつもイライラしている、心の疲れが溜まっていると感じている人は、ぜひゆっくりと読み進めてみてください。きっと「もやだる」を解決してくれる言葉があるはずです。

 

【書籍情報】

もやだるさんのリセットスイッチ

著者:伊藤東凌
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン

禅僧が教える、3秒でできるプチリセット法。かんたん・スッキリ・すぐできる。気分を瞬間に切り替える3秒リセット。心のざわつきをすーっと整えるプチ瞑想。イライラもやもや撃退メソッド一挙紹介。

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

TAG
SHARE ON