ビジネス
TIPS
2017/1/20 15:16

Googleカレンダーにあってスケジュール帳にない利点! 家族や同僚とカレンダーを共有する便利テク

Googleカレンダーに書き込んだ予定は、家族や同僚と共有することができるということをご存知でしょうか? 共通する予定を誰かが書き込めば、共有しているメンバーが全員内容を確認可能です。早速、設定方法について確認しましょう。

 

カレンダーを登録する

まずは共有カレンダーを新規作成しましょう。

20170120_y-koba_google (1)
↑「マイカレンダー」の右側にある▼をクリックし、「新しいカレンダーの作成」を選択

 

20170120_y-koba_google (2)
↑カレンダー名を入力したら、「特定のユーザーと共有」の欄にある「ユーザー」に共有したい相手のGmailアドレスを入力し、「ユーザーを追加」をクリックしよう。複数人で共有する場合には、全員のアドレスをここで追加しておく。共有相手の権限も選択しておこう

 

最後に「カレンダーを作成」をクリックすれば初期設定は完了。ちなみに、共有時にGmail以外のメールアドレスを入力した場合には、相手にGoogleカレンダーの利用をすすめる文面が送信されます。

 

カレンダーの色を決めよう

表示される予定の色を変えておくと、使い勝手がよくなります。

20170120_y-koba_google (3)
↑「マイカレンダー」の欄で、さきほど作成した「仕事」のカレンダーの「▼」をクリック。下部にある色の一覧から好きなものを選択しましょう

 

今回は、色をピンクに変更しておきました。

 

共有カレンダーの予定を作成しよう

予定の作成方法は通常通りです。「カレンダー」を選択する際に共有設定を行ったものを選ぶようにしましょう。

20170120_y-koba_google (4)
↑予定を作成する際に、「カレンダー」の一覧から先ほど作った共有の「仕事」カレンダーを選択

 

20170120_y-koba_google (5)
↑これで承認されたメンバー全員に表示される予定を作成できました

 

カレンダーの欄をクリックすることで、表示のオン・オフを切り替えることも可能です。複数のカレンダーが表示されると予定が見づらくなるので、オフにできることも覚えておきましょう。