ビジネス
iPhoneテクニック
2016/8/28 17:00

【いまさら聞けない】iPhoneのカメラアプリを用途に応じて使いわけてみよう

このコーナーでは、いまさら聞けないiPhoneの基礎知識を解説し、より便利にiPhoneを使いこなせるようサポートします。

 

iPhoneのカメラは年々強化され、デジタルカメラに引けを取らないような撮影も可能になりましたが、機能面でまだ不満があるという方も少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、iPhoneの撮影をより便利に楽しくしてくれるカメラアプリをいくつかご紹介します。

 

ペットの寝顔撮影や音に敏感な動物の撮影はこのアプリにおまかせ!

20160824_ono5_1

はじめにご紹介するのは、ペットの寝顔撮影や音に敏感な動物の撮影など、静かにしたい場所での撮影にピッタリな「超微音カメラ」です。

 

操作方法は非常に簡単で4つのボタンを操作するだけ。一番上の音量バーをスライドさせれば、人の耳にはほとんど聞こえないような「超微音」や通常のシャッター音よりも大きい「大音量」にすることができます。

 

左上のカメラマークでは内外のカメラの切り替えができ、その下の「WBマーク」ではホワイトバランスのアンロックとロックが切り替えできます。さらに右側のマークではフラッシュのオンオフが切り替えできるなど、簡単な操作で超微音のカメラをコントロールする事が可能。また右下の設定画面を開けば、アイコンの表示・非表示など細かい部分も設定でき、自分が使いやすいレイアウトや撮影モードに切り替える事もできます。

 

撮った瞬間から「キレイ」になれる人気の女性向けカメラアプリ

20160824_ono5_2

 

次にご紹介するのは美肌やクマ消し、デカ目など“盛った”写真を作成できるカメラ機能とリタッチ機能がジョインした「BeautyPlus」というアプリ。カメラを起動して撮影をするだけで被写体に美肌効果や美白効果などがプラスされた画像が撮影されます。

20160824_ono5_3

さらに写真加工では、にきび消し・小顔・くま消し・赤目補正・目を明るく補正・小鼻など、プロの編集ソフト顔負けのリタッチ機能を備えています。この他にも「落書きペン」などのバラエティーに富んだ機能も追加されており、ちょっと遊んでみるだけでも楽しめるようなアプリとなっています。

 

良く撮れた写真は世界中で人気のSNS「Instagram」にアップしよう

20160824_ono5_4

カメラアプリで良い写真が撮れたら世界最大の画像投稿SNSの「Instagram」にアップしてみてはいかがでしょうか? 今や海外セレブや日本の芸能人、スポーツ選手やプロのカメラマンなど、様々な著名人が利用しており、日常を写した自撮りだけにはとどまらずハイレベルなアート作品なども豊富にアップロードされています。

 

最近は、一般アカウントでも良い写真に見知らぬ人から「いいね!」やコメントが付くことが多く、写真を撮影する意欲などをかきたててくれます。

 

友人や家族の間だけで写真を共有するのも楽しいですが、カメラやアプリに慣れて満足のいく写真が撮れるようになったら「Instagram」に思い切ってアップしてみても面白いかもしれませんね。

 

このほか、意外と知らないiPhoneの便利ワザや、使えるアプリなどを詳しく紹介しています。

関連記事はコチラ

TAG
SHARE ON