グルメ
2018/4/13 11:00

モランボンの歴史。と、やってはいけない焼肉ダレの使い方!

スーパーマーケットでの取り扱い率、80%以上という焼肉のたれ「ジャン」。日本の焼肉だれの代表のひとつであり、焼肉文化を日本に広めたヒット作でです。しかし、ここに至るまでの経緯には隠された逸話が数多くあるよう。製造・販売元のモランボンでは常にジャンを使ったレシピを研究し続けているとも。今回は、ジャンの知られざる逸話と、モランボン直伝の「絶対にやってはいけない焼肉ダレの漬け込み方」について、同社・橋本直己さんに聞きました。

 

↑モランボン・マーケティング本部・橋本直己さん。一番好きなご飯は「焼肉のたれ ジャンの炊き込みご飯」というほど、私生活でもジャンを愛しています

 

 

「つけダレで食べる焼肉」は、韓国にはあまりない食べ方だった!

――ジャンは、もともとモランボンが経営していた焼肉店が始まりだったんですよね?

 

橋本直己さん(以下:橋本) そうです。もともと弊社は1972年に会社を設立し、焼肉店と調理師の専門学校をメインにしていました。そんななか、「この店のタレ美味しいよね」という声を多くいただくようになり、それを商品化しようとしたのが始まりです。実際には商品化を始めてから発売まで7年の時間がかかりました。

 

――どうして7年もの時間がかかったのですか?

 

橋本 やはり「生」ですね。ジャンは「生ダレ」として、調合後に加熱をしないところにこだわりました。さきほど言った焼肉店で出していたタレと遜色ない状態で家庭にお届けしたいと考え、原料を加熱処理しないでブレンドし、冷蔵で精肉店、スーパーマーケットに運ぶにはどうしたら良いかと、苦戦したと聞いています。

 

当時は今のように多種の包材がある時代ではなく、缶詰の商品が主力であり、加熱処理をされたものが大半で、たれの風味にこだわっているものはありませんでした。今はよく使われるようになりましたが、当時は珍しかったアルミ箔の使い切りの包材を用いるなどして、やっと発売に至ったようです。やはり「生ダレ」であることで、焼肉の美味しさを日本に広められたと自負しています。

 

――確かにジャンが発売される1979年以前は、焼肉や韓国料理は外食に限られていたように思います。

 

橋本 そうですね。当時、弊社の創業者は韓国式の焼肉文化を日本の家庭に広めたいという思いがありました。もともと韓国の焼肉は、揉み込みダレが主流で、いまの日本のつけダレの慣習は一般的ではありませんでした。お肉に揉みダレをつけて、焼いたらそのまま食べるのが韓国の焼肉です。

 

しかし、日本人は慣れていませんから、そのまま食べると熱くて火傷してしまったりして。そこで、日本式焼肉として「つけダレ」というものが浸透していきました。弊社のジャンは、揉み込みをする韓国式の新しい食べ方の焼肉を提案し、発売に至りました。タレ自体の販売だけでなく、焼肉用の肉の切り方や、ノウハウも精肉店に提案したようです。

 

↑焼き上がった肉をタレにつけて食べる日本式焼肉

 

↑ジャンは韓国式として、タレを肉に揉み込む食べ方を提案しました

 

↑ジャンの原材料はすべて生(無添加)。加熱処理をせず生の原材料をブレンドしたことで発売当初、流通面でかなり苦労したそうです

 

 

焼肉のたれ ジャンは東京スカイツリー630本万分を販売!

――一方、焼肉のたれ ジャンは「生ダレ」ですから、どうしても賞味期限が短いですね。

 

橋本 39年間で、時代ごとの原料素材の状況に合わせて、小さなマイナーチェンジをしてきましたが、それでも「生」にこだわり続けていますので、賞味期限が短いことは弊社としてももどかしいですが、どうしても避けて通れません。

しかし、この「賞味期限が短い」を逆手に「逃げ足が早い」と言い換えて、逃げ足くんというキャラクターを開発し、今もFacebookで弊社のプロモーションを行っております。

 

――しかし、その賞味期限の短さをもってしても、市販されている焼肉ダレのなかでは焼肉のたれ ジャンの支持率は圧倒的なものがあると思います。これまで、どれくらい販売されたのでしょうか?

 

橋本 これまで一般的な240グラムのタイプは、1億8千万本を販売しました。

 

――もう積み上げたら空を付け抜けて宇宙に行きますね(笑)。

 

橋本 はい。以前、個人的に調べたことがありますが、東京スカイツリーに換算すると、スカイツリー630万本くらいの量です(笑)。

 

↑Facebookでモランボンのニュースを配信し続けるにげ足くん。もともとはジャンの賞味期限の短さを逆手にとり、開発されたキャラクターでした

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON