グルメ
カレー
2019/7/1 22:30

金沢カレーに合うのは、烏龍茶でもなく日本茶、ジャスミンでもなく、「午後ティー 無糖」だと言いたい

だれが言ったか、夏はカレー。この華麗なる季節に、ユニークなキャンペーンを開催している人気カレー店があり、個人的な新発見があったのでレポートしたいと思います!

↑開催店舗は「カレーのチャンピオン」。九段三番町店へ向かいました

 

キャンペーンの内容は、「カレーのチャンピオン」各店でカレーを注文すると、キリン「午後の紅茶 おいしい無糖」500mlペットボトルを1本もらえるというもの(2019年7月31日まで/期限前でもなくなり次第終了)。それにしても、カレーに無糖紅茶とは面白い。相性などを確かめるべく、ペアリング体験に行ってきました。

 

 

日本茶でもウーロン茶でもない。紅茶が合うワケ

ちなみに「カレーのチャンピオン」についても紹介しましょう。同店は1961年に、石川県金沢市内で創業された「洋食タナカ」がルーツ。創業者が考案したカレーが地域一帯に広まり、やがて“金沢カレーの元祖”と呼ばれるようになりました。東京には九段三番町店と麹町店があります。

 

↑お店には、至るところにキャンペーンを告知するPOPが。カレーの食券を渡す際、スタッフに声をかけると「午後の紅茶 おいしい無糖」を提供してくれます

 

「金沢カレー」の特徴は、どろっとした濃厚なカレーソース、カツがのるうえにソースがかかる、キャベツの千切りがそえられるなどいくつかあり。特に同店の看板メニューになっているのが、大きなとんかつがトッピングされた「L カツカレー」。

 

↑「L カツカレー 普通盛り」790円。ベーシックなタイプの「チャンピオンカレー」は普通盛りで540円、カレーメニューの最安はその小盛にあたる「ミニカレー」440円です

 

食べてみると、肉や野菜によるブイヨンのうまみをベースに感じ、そのうえでスパイスがまとまっている印象。また、熟成感を思わせる深いコクとどろっとしたテクスチャーがパワフルで、ライスやカツを抱きしめます。

 

↑ジャンボサイズのとんかつは、食べ応え十分。ソースは卓上のものをお好みでどうぞ

 

聞けば、とんかつの豚肉は良質なアメリカンポークを農場指定で仕入れているとか。それゆえに、肉自体の甘味が豊か。そして衣はサクサク。そもそもカツとカレーの愛称は抜群ですが、このカツだからこそ同店が人気になったであろうことがうかがえるおいしさです。

 

↑ライスは少し固めに炊かれています。これがどろっとしたカレーソースとのメリハリを生み、おいしさにもつながっているのでしょう

 

次に紅茶との相性もじっくりとチェック。お茶には日本茶、ウーロン茶、ジャスミンティー、ハーブティーなど様々な種類がありますが、確かにカレーには紅茶がいいかも、と思いました。

 

その理由は、紅茶がもつ渋みとフローラルな香り。日本茶だとこのパワフルなカレーに対してやや繊細なはずで、ウーロン茶はすっきりしていていいのですが、香りの一体感が物足りない気がします。また、ジャスミンティーやハーブティーは香りとしてはいいのですが、どろっとしたソースをリセットさせるシャープな渋味が足りません。

 

↑商品名下の英語の筆記体に注目。「午後の紅茶 おいしい無糖」はインドのダージリンティー! カレー大国といえばインドですから、合わないわけがないのです!

 

このペアリングをするには、期間中にお店で確かめるのが一番。「ぜひチャンピオンカレーに行ってみましょう!」と言ってしめたいところですが、同店は限られたエリアにしか出店されていません。そこで、自宅でも試せるやり方でレポートします。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON