グルメ
2019/7/27 17:00

【街中華の名店】見た目はガッツリだが意外にヘルシーな「鉄板麺」が必食の「大盛軒」

街中華の魅力のひとつにメニューの自由さが挙げられるが、まれに独創的かつ絶品な料理に出合うことがある。今回紹介する東中野の「大盛軒」も、オリジナリティにあふれた美食がある名店だ。その名も「鉄板麺」。

↑「鉄板麺」900円。丸い鉄板の上で肉と野菜のメインがジュージューと湯気を出す、半ラーメン付きの定食で、ボリューム満点だ

 

お客の約7割が注文するというこの看板メニュー。お品書きを見ると「東中野名物」とまである。誕生エピソードや味の特徴などに触れながら、同店の魅力を紹介していこう。

 

現在、ブーム来てます! 街中華の名店を集めた連載はコチラから!

 

味と量に加えアレンジもできて満足度がハンパない

「大盛軒」は1982年に創業。読み仮名は「たいせいけん」ではなく「おおもりけん」だ。これには、“お腹いっぱいに”という創業者のメッセージが込められている。その想いから生まれたメニューのひとつが「鉄板麺」で、さらなる大盛りをはじめ、カスタマイズや具材のバリエーションが豊富なのも特徴だ。

↑各大盛りはライスなら130円、ラーメン220円、鉄板焼き170円~。また「ビーフ鉄板麺」は950円、「ベーコン鉄板麺」は900円など種類豊富。ラーメンなしは50円引き、ライス少なめは30円引きと減らすこともできる

 

ちなみに「鉄板麺」というネーミングからは、メインの料理に麺が入っていると想像するかもしれないが、そうではない。これは鉄板焼き+ラーメンのことで、鉄板焼きはたっぷりの野菜に肉類の具と特製ダレがかかった料理となる。

 

↑定番の鉄板麺は豚バラ肉。生卵を頂上にのせるのが一般的だが、ライスと混ぜてTKGにしてもOK。お好みでニンニクチップを加えると、ジャンキーなうまみが増す

 

トッピングのほかに、推奨とされているのがタバスコのプラスオンだ。そのため同店の卓上には大サイズのタバスコが置いてあり、自由にかけられる。また、お品書きには鉄板麺の紹介やオススメの食べ方などものっていて、思いおもいの手法で味わうことができるのだ。

 

↑ほんのり酸味の効いたタバスコが、意外にもベストマッチ。ちなみに「なぜタバスコが?」と思うかもしれないが、これは「鉄板麺」の開発時にイメージした料理が洋食店の一皿だったからだそう

 

好みの要素を加えたら全体をよく混ぜていただこう。そうして豪快に口へ放り込むと、この料理の奥深い魅力が明らかになる。というのも、想像するほどこってりした味ではないからだ。とはいえ物足りなさは皆無で、箸は止まらない。たっぷりの野菜のうまみが肉とひとつになり、またタレはドレッシングのように甘味と酸味が豊かで、きわめてジューシーなのである。

 

↑半ラーメンは、豚のゲンコツと丸鶏から抽出したスープがベースのシンプルな醤油味。もっちりとした多加水の平打ち麺も相性抜群

 

↑スープは、まるで五右衛門風呂のようなビッグサイズの羽釜で炊く。ほぼすべてのメニューでラーメンが出るため、この大きさが必要なのだ

 

そしてセットの半ラーメンも、ハーフとはいえしっかりとした存在感。それもそのはず。同店のラーメンは1玉180gが通常なので、半でも90gある。これは、細麺の博多ラーメンの1玉に近しい量。トータルの味もボリュームも申し分のない、満足度の高い逸品となっているのだ。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON