グルメ
2020/12/5 11:00

1玉700円オーバーだけど現在入手困難! 日本一高い卵「五穀豊穣 極み」をプロと一緒に食べる

たまごパン専門店が各地にオープンするなど、卵の価値が改めて見直されています。そんななか今年10月より販売スタートしたのが「日本一高級なたまご」といわれる和歌山県発の「五穀豊穣 極み」です。その中のひとつ「【五穀豊穣 極み】最高級品【木箱入り】」は、一箱8個入りで5900円(税込・送料別)という値付け。単純計算で卵1玉につき、737円ということになります。それでも、注文が殺到し、11月現在、数か月待たないと購入できないそうです。

 

そんな高級で超レアな卵を、今回運良くゲットすることができました。一般的な卵に対し、何がどう違うのか。そして、果たして700円オーバーの魅力はどこにあるのか。今回はフードライターの中山さん、編集部員・野田氏、カメラマン・我妻氏と筆者の4名で、試食しレビューします。

 

最高の餌を受け、最高自然環境で育った鶏が生む卵

まず「五穀豊穣 極み」の成り立ちから紹介します。この卵が作られるのは人口約6千900人の和歌山県日高郡美浜町。自然豊かな地域でキュウリやトマトなどの農作物、シラス、伊勢エビ、アワビなどの魚類の産地として知られています。この美浜町で暮らすある老人が「日本一美味しい卵を作りたい」と立ち上がり、地元の広大な土地を使い試行錯誤を繰り返しながら「五穀豊穣 極み」は生まれました。

 

そのこだわり方は尋常でなく、鶏に与える餌は100種類以上の配合肥料に加えトウモロコシ、ドクダミ、大豆粕、魚粉、きな粉、米油、釧路ハイミール、高級海藻粉末、酵素、乳酸菌、2500万年前にできた特殊な天然植土などお金に糸目をつけず使用。さらに、自家製腐葉土からの微生物や山林で採れる栄養価の高い野草などを取り入れ、最高の餌を与えています。

↑海岸に面した和歌山県日高郡美浜町

 

↑自然豊かな環境下で、栄養価の高い様々な餌を鶏に与え育てています

 

また、「鶏がストレスを感じると、本来のエネルギーや野生本能が引き出せないかもしれない」という理由から、鶏を放し飼いし自然に逆らわない飼育方法で大切に育てています。

↑放し飼いで飼育されている「五穀豊穣 極み」を生む鶏

 

放し飼いは、よくあるケージ飼いに比べれば確かに生産効率は劣るものの、鶏本来の習性にそった生活が送れることから鶏自体も健康で、素晴らしい卵を生むのだそうです。また、これらの卵は「有精卵」と呼ばれるもので、卵を温めるとヒヨコが生まれる可能性もある強いもの。さらに「五穀豊穣 極み」には、黄身が2つある二黄卵が多く含まれており、味覚の強さだけでなくその希少性から多くの人が注文されるのだそうです。この繊細かつ、ダイナミックな行程によって育てた鶏が生むのが「五穀豊穣 極み」です。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
全文表示
TAG
SHARE ON