グルメ
お酒
2016/11/19 18:00

入手困難確実か!? ジャック ダニエル150周年記念ウイスキーに責任者が後悔「もっと作ればよかった」のワケ

アメリカンウイスキーのなかでも、バーボンとは別格の「テネシーウイスキー」に位置付けられる「ジャック ダニエル」。アメリカ最古の登録蒸溜所であることでも知られており、創業から150周年が経ったいま、ついに11月15日にアニバーサリー商品がされました。プレス向け発表会で体験した味わいを中心に、その魅力をレポートしていきます!

 

定番の味をベースに樽の製法と熟成にこだわった傑作

聞くところによると、本商品は数年前から発売プロジェクトが始動し、数々の試行錯誤を繰り返して生み出されたとか。そのなかでたどり着いたのは新しいレシピではなく、オリジナルに敬意を払った製造法が集大成としてふさわしいということ。そこで、同社でもっともメジャーな「Old No.7」をベースにすることになったのです。

20161118-a05 (4)

 

そのレシピをもとにしつつ、今回注力したのは樽と熟成法です。通常は樽をトーストした後にしっかりとチャー(オークの新樽の内側を焼く工程)を施して樽内部の糖分を変質させますが、今回はトースト自体から再考。約3倍の時間をかけてじっくりと熱を通すことで、より多くの糖分と豊かな香りを引き出し、一方でチャーは短時間で仕上げた特別な新樽を採用しています。

20161118-a05 (2)

 

そして、樽詰め時のアルコール度数を通常の62.5度から50度に下げ、瓶に詰める際のアルコール度数も50度でボトリング。これにより、ゆっくり熱を入れた際の樽の長所が加水で薄まることなく瓶まで届くようになったのだとか。さらには日照時間が長く、寒暖差の大きい「天使のねぐら」と呼ばれる貯蔵庫の最上階で熟成させているのもポイントです。

20161118-a05 (3)

 

責任者が「もっとたくさん仕込めばよかった!」と漏らす完成度

その結果、ジャックダニエル特有のキャラメルに、バタースコッチなどの甘く滑らかな余韻が残るテイストに。深く複雑な味わいもあり、それはまさに蒸溜所150年の歴史と同様に多くを物語る重厚感とも。

↑蒸溜最高責任者のジェフ・アーネット氏。「熟成途中で試飲したのですが、思わずグラスを上げてハッとするほどできがよく、自分自身で驚きました。はっきり言って、もっとたくさん仕込んでおけばよかったと後悔するレベルです」と非常にハートフルなビデオレターが届きました
↑蒸溜最高責任者のジェフ・アーネット氏。「熟成途中で試飲したのですが、思わずグラスを上げてハッとするほどできがよく、自分自身で驚きました。はっきり言って、もっとたくさん仕込んでおけばよかったと後悔するレベルです」とビデオレターが届きました

 

実際に比べてみるとその差は歴然。Old No.7は香ばしいキャラメル香が印象的で、150周年アニバーサリーはよりバニラ系の甘いフレーバーが際立つリッチさが特徴です。

20161118-a05 (5)

20161118-a05 (6)

 

なお、日本におけるジャック ダニエルはこの3年間で過去最高の売り上げを更新。今年も1~10月ですでに前年比114%をマークしており、ウイスキー全体のトレンドも追い風になって絶好調です。今回の「ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー」は1000mlで参考価格1万5000円となかなかの値段ですが、日本では1万2000本限定と希少性はかなりのもの。ウイスキーファンは入手困難になる前にGETすることをオススメします!