デジタル
Apple
2018/12/11 20:47

旅行に役立つ機能まとめ! 何気なくiPhone XRを海外に持っていったらなかなか旅が快適になった

北米やカナダでは12月になると次第に街が“お休みモード”に移り変わって、ちょっと長めの休暇を家族で過ごすために会社を休んだり、学生も田舎に帰ってのんびり過ごす人々が増えて、都会に静けさが訪れます。日本人にとって大事なお休みの時期はお正月前後の年末年始になるので、まだ少し気を抜くのは早いかもしれませんが、クリスマスを恋人や家族とお祝いしたり、年末年始に出かける楽しみな旅行の計画はそろそろ本格的に立てはじめたいものです。

 

 

本記事では、日常的に使うiPhoneがそんな休暇でも活躍するアイテムになったことを、2018年最新モデルの「iPhone XR」徹底活用するテクニックを掘り下げてみましょう。

 

旅行から普段使いにも絶対欲しい、iPhone XR純正クリアケースが登場

最初にもうiPhone XRを選んだ人、そしてこれからiPhone XRの購入を検討している人、どちらのみなさんにも耳寄りな新情報からお伝えしましょう。12月6日にiPhone XR専用のアップル純正クリアケースが発売されました。価格は4860円。

 

↑アップル純正のiPhone XR専用クリアケースが登場

 

iPhone XRはビビッドなカラーリング、質感の高いアルミフレームの輝き感を存分に楽しみたくなるiPhoneですが、せっかくの魅力的な外観をケースで覆って見えなくしてしまうのはもったいないし、とはいえ本体に傷が付くのも不安と、悩ましく感じていた方も少なくないでしょう。新発売のケースは非常に透明度の高いポリカーボネート素材を使っていて、iPhone XRにピタリとフィットします。手に持ったときに優しく馴染むiPhone XRの滑らかで愛着のわくフォルムの魅力が一切損なわれません。

 

↑見よ!この透明感。透明度の高いポリカーボネートと柔軟性のあるTPU素材を組み合わせています

 

ケースの外・内両側に傷に強いコーディングが施されているので、クリアだったケースが徐々に曇ってきて汚く見える心配もなさそう。ワイヤレス充電もケースをつけたまま利用できます。本体の側面をしっかりとカバーしながら、背面のカメラユニット、ボトムのLightning端子やスピーカー開口部には、アップル純正品ならではの無駄のないスマートなラインの切り欠きが設けられています。

 

↑iPhone XRの柔らかな曲線を活かすフォルムを実現しています

 

↑フロント側から見ても違和感なし

 

↑端子やスイッチ、カメラの周囲は無駄なくキレイに切り欠いたデザインになっています

 

ふだんはあまり使い慣れていないトラベルバッグから、旅行の時など頻繁にスマホを出し入れするとうっかりと手を滑らせてしまうこともあり得ます。まさしく待ち望んでいたiPhone XRケースは必携のアイテムと言えそうです。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
全文表示
TAG
SHARE ON