デジタル
2019/1/1 18:02

2019年私的デジタル家電の「ダークホース」を大発表!専門家3人が着目する注目株はコレだ

デジタル・家電の専門家3人が、2019年に「来る」と予想しているダークホース的な私的注目株を、指名で一点買い! それらがヒットする根拠について、プロならではの視点で、切れ味鋭く語ってくれました。

 

 

<専門家01>

デジタル・メディア評論家

麻倉怜士さん

オーディオ・ビジュアル業界の動向に精通。雑誌等のメディアで評論を執筆するほか、大学講師を務めるなど多方面で活躍。

 

【麻倉怜士さんの注目株】

自宅での「スマホオーディオ」もハイレゾ品質で堪能できる

Olasonic

NA-BTR1

実売価格1万9440円

高音質コーデックのLDACやaptX HDに対応し、ワイヤレス再生でハイレゾ品質を楽しめる据え置き型Bluetoothレシーバー。自社開発のBluetoothモジュールを採用するなど、高音質化にこだわった設計です。

 

【麻倉さんの目】

音楽リスニングのメインストリームは、すっかり「スマホオーディオ」になりました。外出先だけでなく、家の中でもスマホから再生している人は多いです。その流れでニーズが高まるのは、Bluetooth再生をより高音質で楽しむためのデバイスでしょう。

 

OlasonicのNA―BTR1は、スマホや携帯プレーヤーからBTで音楽を受信し、コンポやスピーカーに有線で出力できるBTレシーバー。LDACやaptX HDといったハイレゾ品質のコーデックに対応し、従来のBT製品とは一線を画す音質を実現します。自宅での「スマホオーディオ」を、より上質なものにしてくれる画期的な一台です。

 

 

<専門家02>

ジャーナリスト

西田宗千佳さん

モバイル機器、PC、家電など「電気と情報が通るもの」に精通。雑誌や新聞に寄稿するほか、テレビ番組の監修も手がけています。

 

【西田宗千佳さんの注目株】

動画視聴やビデオ通話サービスを低価格で利用できるデバイス

JBL

JBL Link View

199.95米ドル

Googleアシスタント対応のスマートディスプレイ。8インチスクリーンの左右に10Wスピーカーを1基ずつ備え、背面にパッシブラジエーターを搭載するなど、JBLらしく音質にこだわった設計です。IPX4防水対応。

 

【西田さんの目】

スマホやスマートスピーカーで呼び出せる音声アシスタントは定着しつつあり、利用したいシーンは確実に増えています。しかし、文字や音声だけではわかりづらい用途も多いです。より直感的に使えることで音声アシスタントの価値を高める、スマートディスプレイに注目したいですね。

 

定額制の動画・音楽サービスやビデオ通話など、スマホをベースとした「映像ビジネス」が著しく発展を続けています。それらを「低価格で」利用できるデバイスが求められている背景も、普及を後押しするでしょう。家電との連携も画面があるぶんスマスピより有利なため、対応家電が増えれば、今後もニーズが高まっていくでしょう。

 

 

<専門家03>

家電コーディネーター

戸井田園子さん

テレビや雑誌など様々なメディアで活躍。ユーザー目線に立った製品レビューで厚い支持を集めています。市場動向にも精通。

 

【戸井田園子さんの注目株】

調理だけでなく後片付けまでこなすロボットシェフに注目!

Moley Robotics

Moley

価格未定

129のセンサーと20のモーターで構成され、人間と同じような洗練された動きを実現するロボットシェフ。2000種類のレシピと調理過程がプログラミングされており、ユーザーの指示に応じて調理をこなします。

 

【戸井田さんの目】

オーブンレンジや電気鍋など、「自動化」された調理家電は多くありますが、盛り付けや後片付けまでやってくれるという画期的なロボットシェフに大注目。

 

戸棚から腕が生えているのにはギョッとしますが、食材や器具をつかんで移動させるには手が必要だし、上から生えていると邪魔にならないので良いアイデア。一流シェフのレシピや動きを覚えて、忠実に再現できる点も魅力的です。

 

既存のキッチンに後付けできて、価格を抑えられれば、ヒットするはず。日本では「家庭の味」を覚えさせられるかどうかもカギになるかも。2018年発売予定ですが、まだ具体的な話が聞こえないのは心配。少しでも早い実用化を!

TAG
SHARE ON