デジタル
2018/12/30 17:00

なんと最新鋭CPUがランクイン! ガジェット通ライターが今年自腹買いして良かったガジェット3選!

2018年もさまざまな最先端テクノロジーを詰め込んだデジタルガジェットが登場しました。汎用性の高いものから局所的なシーンでこそ真価を発揮するガジェットの中で、ITライターが今年自腹買いして大きなメリットを感じたアイテムを3つ厳選してご紹介したいと思います!

 

【選んだ人】

ITライター・ジャイアン鈴木さん

レビューした製品は高確率で購入している物欲ライター。主な活動範囲はデジタルガジェット全般の他、おもちゃ、ゲーム、文具、白物家電も大好物の雑食系。クルマ、バイク、自転車など乗り物もわけへだてなく愛してます!

 

【2018年自腹買いベストガジェット/その1】

あらゆる処理が爆速になったインテル第9世代CPUCore i9-9900K

↑インテルの第9世代Coreシリーズでも現最上位に位置する「Core i9-9900K」。デスクトップPC向けとしては初の8コア16スレッド採用

 

デスクトップPC向けインテル第9世代CPU8コア16スレッドを搭載し、一般的なノートPC34倍の処理性能を備えています。このハイパフォーマンスCPUが実売6万円台と激安。5月に「Core i7-8086K」に新調したばかりですが、辛抱たまらず買っちゃいました。あらゆる処理が爆速で大満足です。10万円オーバーのグラフィックボードと組み合わせると異次元のゲームマシンが完成します。

 

【2018年自腹買いベストガジェット/その2】

往年の大ヒット作を復刻したカシオのゲーム電卓「SL-880-N」を普段使い用に購入!

 

↑カシオ「SL-880-N」。実売価格は2130円。2つのキーを使って操作するシューティングゲームを楽しめる。計算時10桁表示、税計算などに対応する

 

80年代ゲームキッズ世代なら胸アツの、カシオ製ゲーム電卓「MG-880」がリメイク。実は旧モデルを持っていますが、普段使い用に購入。ボタンが大きくなったので旧モデルより遊びやすいです。思い出補正抜きにしてシンプルなゲーム性はいま遊んでも◎ですが、演奏モードが省かれたことは残念。発売当初は品薄でしたが、いまはもう在庫が潤沢なので即買い可能です。

 

【2018年自腹買いベストガジェット/その3】

イマ最も手軽に活用できるトイドローン「Tello」

↑DJI「Tello」。実売価格は1万2800円。航空法適用外となる約80gという超軽量ボディを実現。最大伝送距離は100mで、720pのHD動画を撮影できる

 

ドローン界の盟主DJIの技術が注ぎ込まれたトイドローン。とにかく飛行が安定していて、屋外でもピタリと静止します。スマホ用操縦ソフトの作りは高級ドローン譲り。Bluetoothゲームコントローラーと組み合わせると操作性良好です。カメラ画質は価格なりですが、初めてのドローンに最適な一台ですよ。

 

以上が、ジャイアン鈴木さんの2018年ベストガジェットでした! 気になるものがあればぜひ購入を検討してみてください。

TAG
SHARE ON