デジタル
2015/6/19 8:00

“顔の一部”になる、ウェアラブルカメラの究極形態

150618-6

 

いま、アクションカメラの市場が急速に拡大しています。参入メーカーの増加
により競争が激しくなり、高画質化・高機能化が加速。そんな状況でパナソニックが満を持して投入するのがHX-A1Hです。ワンボディ型の本機は、装着感にすぐれ、卓越したタフさも備えています。画質性能はフルHDで、4Kモデルには劣るとはいえ、暗闇の撮影にも対応する「0ルクスナイトモード」を搭載するなど使い勝手は良好なアイテムです。

 

“顔の一部”とすら感じる装着感が魅力!

14年に同社から発売されたHXA500は、4K/30p動画を撮影できることで話題となりました。一方、新モデルのA1HはフルHD画質。ダウンスケールのように見えて、実はウェアラブルカメラとしての性能を極めた進化の証でもあります。

 

150618-1
↑HX-A500は4K撮影が可能なウェアラブルカメラとして話題になりました。一方で装着感には向上の余地が

 

ウェアラブルカメラの理想は、通常のビデオカメラでは撮れないシーンを、ストレスなく撮影できること。これを追求するには「目線撮りができる軽量コンパクトな一体型」の実現が必須でした。あえて「4K画質」を捨ててまでも、究極のウェアラブルカメラにこだわったのがA1Hであるといえます。

 

本機の質量約45gは、ゴルフボールとほぼ同じ(ちなみに筆者のメガネの重さは約25gでした)。この軽さを感じると、近いうちに「カメラは顔の一部」という時代が訪れるかもしれない、と思ってしまうほどです。

 

↑付属のヘッドマウントを使ってカメラを側頭部に装着。フィット感は良好で、軽い運動 ならズレることもありません
↑付属のヘッドマウントを使ってカメラを側頭部に装着。フィット感は良好で、軽い運動
ならズレることもありません

 

↑映像をスマホに送信可能。パナソニックのビデオカメラと連携させればワイプ撮りカメラとしても使えますよ
↑映像をスマホに送信可能。パナソニックのビデオカメラと連携させればワイプ撮りカメラとしても使えます

 

↑撮影データはmicroSDカードに保存。USBケーブル経由でPCへのコピーも可能です
↑撮影データはmicroSDカードに保存。USBケーブル経由でPCへのコピーも可能です

 

↑操作系統はシンプル。電源、モード切替/Wi-Fi、撮影開始/停止の各ボタンが備わります
↑操作系統はシンプル。電源、モード切替/Wi-Fi、撮影開始/停止の各ボタンが備わります

 

 

製品情報

パナソニック

HX-A1H

実売価格3万円前後

SPEC●連続撮影時間:約75分(1920×1080/30p)●撮影記録時間:約4時間20分(1920×1080/30p撮影時)●防水性能:IPX8相当(水深1.5mで30分までの撮影が可能)●防じん性能:IP6X相当●耐衝撃性能:1.5m(MIL規格準拠)●耐寒性能:-10℃●カメラ部サイズ:φ26.5×D68.5㎜、本体部 W59.5×H94×D26.7㎜

 

TAG
SHARE ON