デジタル
apple
2016/9/8 6:52

iPhone 7は防水・FeliCa対応・新色ジェットブラック! GPS内蔵のApple Watch 2も

米サンフランシスコで現地時間9月7日10時(日本時間8日午前2時)より開始されたアップルのイベントにおいて、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」および「Apple Watch Series 2」の発売が発表されました。いずれも9月9日より予約を開始し、9月16日より販売をスタートします。アップルストアでのSIMフリーモデルの販売価格は、iPhone 7が7万2800円~、iPhone 7 Plusが8万5800円~(いずれも税別)。

20160908-i01 (11)

 

iPhone 7/7 Plusは防水・防塵でFeliCa対応

iPhoneの最新モデルとなるiPhone 7シリーズは、従来通り4.7型HDディスプレイの「iPhone 7」と5.5型フルHDディスプレイの「iPhone 7 Plus」の2種類のラインナップとなります。本体サイズもiPhone 6s/6s Plusと同じ。事前にウワサされていたProやSEモデルなどは発表されませんでした。ストレージ容量は、32GB/128GB/256GBの3モデルとなり、従来の16GB/64GB/128GBから変更されています。

20160908-i01 (15)

カラーは全5色。これまでの「スペースグレイ」に代わり、マットな「ブラック」とツヤのある「ジェットブラック」の2色が追加されました。「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」は従来通りです。ボディの素材は、iPhone 6sなどと同様のアルミ材を使用しています。

 

発表会では、iPhone 7の新たな10の特徴が紹介されました。

・デザイン:新色追加のほか、背面のラインがなくなりました

・新ホームボタン:新しく設計されたホームボタンを採用。MacBookのトラックパッドのような感圧式のセンサーを備えています

・防水防塵:IP67相当の防水防塵性能を搭載。一時的な水没にも耐えられるようになりました

・カメラ:両モデルともメイン1200万画素/サブ700万画素で光学式手ブレ補正対応。7 Plusは広角/望遠のデュアルカメラ搭載

・ディスプレイ:従来より約25%明るく広色域に。解像度やppi(画素密度)はiPhone 6s/6s Plusと変わらず

・スピーカー:内蔵スピーカーが本体上部と下部の2か所に搭載され、横向き時にステレオ再生に対応します

・イヤホンジャック廃止:ステレオミニ端子が廃止され、付属イヤホンもLightningコネクタ型に変更。従来のイヤホンを使うためのLightning変換アダプターも標準で付属します

・ワイヤレス:別売でワイヤレスイヤホン「Air Pods」が用意されます。10月下旬発売で米国での価格は159ドル

・Apple Pay:日本でのApple Payサービス開始。FeliCa対応でSuiCaなどの交通系電子マネーが使えるようになります

・A10 Fusionチップ:iPhone 6より2倍高速で省電力な最新チップを搭載。バッテリーはiPhone 7で2時間、iPhone 7 Plusで1時間長持ちに

↑防水防塵に対応
↑防水防塵に対応

 

↑内蔵スピーカーがステレオに
↑内蔵スピーカーがステレオに

 

↑イヤホンジャックは廃止され、Lightning接続に1本化
↑イヤホンジャックは廃止され、Lightning接続に1本化

 

↑ワイヤレスの「Air Pods」が別売で用意されます
↑ワイヤレスの「Air Pods」が別売で用意されます

 

今回の新モデルで、最も強化されたのはカメラ機能。特にiPhone 7 Plusは広角/望遠のデュアルカメラになり、光学2倍/デジタル10倍ズームが可能になりました。また、デジタル一眼のように背景をぼかす「Sneak Peek」という機能が利用できます。このほか、従来はPlusのみだった光学式手ブレ補正が両モデルに搭載され、インカメラも従来の500万画素から700万画素に向上しています。

↑iPhone 7 Plusはデュアルカメラ搭載
↑iPhone 7 Plusはデュアルカメラ搭載

 

また、ガラケー時代から日本で人気の高かった防水性能やおサイフケータイ機能についに対応。FeliCaにも対応し、交通系電子マネーが利用できるようになります。これまで、これらの機能の非対応を理由にiPhoneへの乗り換えに踏み切れなかったユーザーを後押しするでしょう。

20160908-i01 (5)

 

一方で、本体デザインの大幅な刷新や斬新な新機能は搭載されず、6sから7というナンバリング変更のモデルでありながら、6から6sのようなマイナーチェンジの範疇に収まるようなアップデートとなりました。

20160908-i01 (14)
↑本体の大きなデザイン変更はナシ

 

↑アップルのティム・クックCEO
↑アップルのティム・クックCEO

 

Apple Watch Series 2登場。任天堂からゲームアプリ「スーパーマリオ ラン」がリリース

このほか、Apple Watchの第二世代モデルとなる「Apple Watch Series 2」も発表されました。新たに水深50mまでの防水性能を備えたほか、GPSを内蔵し地図アプリやランニングアプリなどにも対応。iPhone 7と同様FeliCaに対応し、交通系電子マネーが利用可能となります。また、大人気のゲームアプリ「ポケモンGO」への対応もアナウンスされました。

20160908-i01 (6)
↑Apple Watch Series 2

 

エルメスによるレザーバンドモデルに新デザインが追加されたほか、スポーツ向けのナイキ+モデルも登場します。

↑エルメスモデル
↑エルメスモデル

 

↑ナイキ+モデル
↑ナイキ+モデル

 

また、イベントの冒頭には任天堂の宮本 茂代表取締役専務が登場し、マリオシリーズの新作としてiOS向けゲームアプリ「スーパーマリオ ラン」が年内にリリースされることを発表。リオオリンピック閉会式での東京オリンピック告知ムービーにマリオが登場したことも記憶に新しく、新作リリースの発表に大歓声が巻き起こりました。

↑任天堂の宮本社長が登場
↑任天堂の宮本氏が登場

 

20160908-i01 (10)
↑新作タイトル「スーパーマリオ ラン」がリリースされることが発表されました

 

【URL】

アップル http://www.apple.com/jp/