デジタル
スマートフォン
2021/10/26 12:05

ソニーからカメラに振り切った最新スマホ「Xperia PRO-I」登場

ソニーは10月26日、プロフェッショナル向けのスマホ「Xperia PRO」シリーズから、新モデル「Xperia PRO-I」を発表。12月15日から発売します。市場想定価格は19万8000円(税込)前後です。

 

Xperia PRO-Iは、ソニーが定める“イメージングコミュニティー”において、好きを極めたい人に向けたとするモデル。スマホとしては世界で初めて像面位相差AFをそなえた1型イメージセンサーを搭載するほか、画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」やαシリーズにも搭載されているチップ「Front-end LSI」、さらにはスマホならではの高い処理性能によって、画質の向上を実現しているといいます。

 

 

 

これに加えて、Xperiaならではの、動く被写体をとらえるリアルタイムトラッキングや、リアルタイム瞳AFも搭載。カメラ性能に振り切ったモデルと言えます。なお、カメラ構成は16mmの超広角(12メガピクセル、F2.2)、24mmの広角(12メガピクセル、F2.0とF4.0の可変絞り)、50mmの標準(12メガピクセル、F2.4)の3眼仕様です。

 

また、Xperia PRO-Iは動画撮影機能も充実。Xperiaとしては初めて、動画撮影時の瞳AFと被写体をとらえ続けるオブジェクトトラッキングに対応するほか、4K 120コマ/秒のハイフレームレート撮影も可能です。さらに、高性能な手ブレ補正機能や21:9のディスプレイに最適化されたUIなど、細かい部分までこだわったモデルに仕上がっています。

 

 

このほかスペックは、SoCがSnapdragon 888、メモリーが12GB、ストレージが512GBで、バッテリーは4500mAh。また、5GはSub 6に対応しています。

 

本体サイズは166×72×8.9mmで、重量は約211g。ディスプレイは6.5型で、4K有機EL液晶を搭載しています。

 

なお、Xperia PRO-Iに合わせて、Vlogger向けアクセサリー「Vlog Monitor」も登場。市場想定価格は2万5000円(税込)前後です。

TAG
SHARE ON