デジタル
2022/5/6 13:35

どんな声でどんなアシストになるだろう? Sonosが独自音声アシスタントを来月リリースの噂

米Sonosが来月にも独自の音声アシスタント「Sonos Voice」をリリースするとの情報を、海外テックメディアのThe Vergeが伝えています。

 

↑Vantage DS / Shutterstock.comより

 

音声アシスタントはAI(人工知能)などを活用して、スケジュールや天気、ニュース、家電製品のコントロールなどの機能を提供します。これまでSonosのスピーカーでは、米アマゾンの「Alexa」やグーグルの「Google アシスタント」といった音声アシスタントを利用することができました。

 

The Vergeによれば、Sonosは6月1日にもソフトウェア・アップデートの一環として、アメリカにてSonos Voiceをリリースする予定とのこと。さらに他国でも、遅れてSonos Voiceが提供される模様です。対応モデルとしては、「S2プラットフォーム」をサポートするスマートスピーカーやサウンドバーがあげられています。

 

Sonos Voiceの音楽再生機能としては、Apple Music、Amazon Music、Pandora、Deezer、Sonos Radioのサポートが伝えられています。一方で、SpotifyやYouTube Musicに対応しない点は注意が必要でしょう。またユーザーのプライバシー保護として、音声コマンドはデバイス上で処理され、クラウドでは処理や記録はされないともされています。

 

Sonosが独自の音声アシスタントに進出する理由としては、同社がグーグルと特許訴訟を抱えていることもありそうです。この分野には遅れて進出することになるSonosが、どれだけ独自性を打ち出すことができるのかに注目です。

 

Source: The Verge via Engadget

TAG
SHARE ON