デジタル
デジタル周辺機器
2023/1/5 12:15

磁石で固定が主流に! 次世代ワイヤレス充電規格「Qi2」がMagsafeに対応

ワイヤレス充電規格を策定しているWireless Power Consortium(WPC)は、次世代ワイヤレス充電規格「Qi2」がApple(アップル)の「MagSafe」と互換性を持つことを発表しました。

↑この充電方法がますます広がる

 

ワイヤレス充電規格「Qi」は、現在幅広いデバイスにおけるワイヤレス充電規格として採用されています。一方、MagSafeは磁石を利用してデバイスと充電器を固定するワイヤレス充電技術で、iPhone 12以降のiPhoneやその周辺機器にて利用されています。

 

WPCによれば、Qi2には「Magnetic Power Profile」というプロファイルが追加され、MagSafeとの互換性を実現したそう。これにより、スマートフォンやモバイルバッテリーと充電マットが完全に固定され、電力の転送効率や充電速度が向上すると同時に、従来の平面のマットで充電できなかった新しいデバイスにも対応できるようになります。

 

Qi2規格は2023年後半にデビューし、現在のQi規格に取って代わる予定。また、Qi2に対応したスマートフォンと充電器は、2023年のホリデーシーズン(年末)から発売されるようです。今後はますます、MagSafeに対応したワイヤレス充電デバイスが増えることになりそうです。

 

Source: WPC and MacRumors

TAG
SHARE ON