エンタメ
音楽
2021/4/28 11:30

イヤホンブランドの「NUARL」が無観客配信ライブを開催! yonige・牛丸、The Songbards参加の「BACK TO STAGE」

エム・ティ・アイ株式会社は、イヤホンブランド「NUARL(ヌアール)」を通じ、コロナ禍の影響により大きな打撃を受けた音楽業界への貢献を目的に、参加ミュージシャンのスペシャルライブやインタビューの配信など、特設サイトを中心に展開するオンラインプロモーション「BACK TO STAGE」を2021年5月10日より開始します。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、未曾有の大打撃を受けた音楽業界。この約2年の間、ライブを積極的に行っていたミュージシャン達が活動を自粛し、ファンも音楽に触れ合う場が減っています。その一方でミュージシャン達自身によるライブ配信やSNSを通じた楽曲コラボレーションなど新しい取り組みも行われ、音楽の新しい力が見れた期間でもありました。

 

そんな中で、NUARLがミュージシャンとそのファンを応援する一つのカタチとして導き出したのが「BACK TO STAGE」とのこと。アーティストにとっての原点である舞台、ステージをあらゆるアプローチで演出して、ファンが音楽と触れ合える新たな場所を作り出すプロジェクトです。

 

<BACK TO STAGE 特設サイト:https://nuarl.com/backtostage/

 

高音質かつ、美しくも耳に馴染みやすいデザインのイヤホンを数多く手がけるNUARLが、「BACK TO STAGE」で展開する催しは以下になります。

 

1.「BACK TO STAGE オンラインライブ」(月1回2組を予定)

一番の目玉となるのは、シーンを牽引する人気ミュージシャンによるオンラインライブ! 「音楽を始めたその時」を象徴する瑞々しい初期の楽曲や、活動を始めた際に影響を受けたカバー曲など、今回のオンラインライブに向けたオリジナルのセットリストを予定とのこと。YouTube Liveでの無料配信で行われるので、誰でも気軽に見られます。

 

第1回のライブは5/11(火)を予定。気になる出演アーティストは以下の2組です!

牛丸ありさ(yonige)

大阪府寝屋川市出身。ごっきん(Ba&Cho)との2人からなる日本語ロックバンド「yonige」のVo&Gt。10~20代を中心に口コミとSNSで大きな支持を広げ、YouTubeでもMV「アボカド」の再生回数が300万回を突破、同世代から大きな注目を集める。

 

The Songbards

2017年3月に兵庫県神戸市で結成された4人組ロックバンド。UKロックに影響を受けたツインギター&ヴォーカルと、息の合ったコーラスワークが特徴。メンバー(L→R):柴田淳史(Ba.Cho.)上野皓平(Vo.Gt.)岩田栄秀(Dr.Cho)松原有志(Gt.Vo.)

 

・配信予定URL:NUARL YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCKWmLPLyPAMl0xxS_T0I2VQ

※後日、特設ページ上でライブアーカイブ動画を期間限定公開予定。

 

 

2.特設サイトでスペシャルインタビュー動画を公開

ミュージシャンにとっての「大切の場所」でインタビューを実施。音楽を楽しむときに常に身近にあった場所――足しげく通ったレコードショップ、バンドの打ち上げをした飲食店、セッションを繰り返したリハーサルスタジオなど想い出の地をオリジナル動画で紹介することで、参加ミュージシャンの存在をより身近に感じれるコンテンツとなるとのこと。

 

<スペシャルインタビュアー>

サニーデイ・サービス 田中 貴

1990年代以降、日本のロックシーンをけん引する「サニーデイ・サービス」のベーシスト・田中 貴氏が、インタビューの聞き手として自身の音楽原点への思いを交えながら、出演アーティストとのインタビューを行います。

 

 イヤホンブランドであるNUARLが手掛けるライブ、コンテンツがどのようになるか期待です!

TAG
SHARE ON