ファッション
2018/9/28 19:30

【デビルマン×ロックマン】イタリアの風を受けたダークヒーローの腕時計が“悪魔的”過ぎ!

今年で画業50周年を迎えたマンガ家・永井 豪さんの偉業を記念し、イタリアの腕時計ブランド「ロックマン」が同氏の作品をモチーフにしたウオッチを製作したとのこと。意外過ぎる組み合わせですが、出来上がったモデルは驚くほどの格好良さ! 10月27日に発売を控えた「デビルマン」「キューティーハニー」の2作品をモチーフにした特別モデルを、さっそく見ていきましょう。

 

 

オールブラックのなかに浮かび上がる「デビルマン」

デビルマンといえば、世界的にも知られた日本を代表するダークヒーローです。アニメ版では割とポップに描かれていましたが、永井 豪さんが描き上げた漫画版「デビルマン」は1話目から最終話まで衝撃展開の連続。読んだことのある人なら、人間と悪魔の狭間で葛藤しながらも闘い続けるデビルマンの姿が、いまも脳裏に焼き付いていることでしょう。※グロい描写もかなり多いので、これから読もうと思っている人はトラウマ注意!

 

そんな「デビルマン」の悪魔的世界観を腕時計で表現することに挑戦したのが、イタリアの時計ブランド「ロックマン」です。自社の時計工房を持つロックマンは、エレガントスタイルが好評の「1960」をベースにしながら、の真逆を行くオールブラックで作品の雰囲気を作り、文字盤には宿敵シレーヌとの激闘で見せたデビルマンの表情をプリント。一部に使われたゴールドの色使いが、モノトーンの世界のなかで残された「デビルマン」という希望の光を感じさせます。

 

 

「キューティーハニー」が腕時計でハニーフラッシュ!

ロックマンが手がけたマンガ家・永井 豪画業50周年記念モデルは、もう1本あります。それが、「キューティーハニー×ロックマン コラボレーションモデル」です。キューティーハニーといえば、ちょっぴりエッチな変身シーン、パンサークロートのシリアスな闘い、いまも歌い継がれるアニメ版のオープニングテーマなど、多くの事柄がすぐに連想できる変身バトルヒロインの元祖。2018年には「Cutie Honey Universe」としてテレビアニメ化もされるなど、いまも男女を問わず愛され続ける名作ですよね。

 

この時計、どこにもキューティーハニーとは明記していませんが、変身前の如月ハニーと変身後のキューティーハニーを想起させる文字盤カラーで作品を表現。鏡面仕上げのベゼルはレトロチックな楕円形となっています。こうした本体のデザイン面もさることながら、本機の最大の特徴は、やはり「変身」です。

このコラボレーションモデルのベースになっている「チェンジ ワン ドンナ」は、ストラップが簡単に取り外せるのが特徴。ストラップをぐっと引くだけで、本体から取り外せるのです。手入れした爪を傷める必要も、時計を傷つける必要もなく、時計の印象をガラッと変えられる点で好評を博しています。キューティーハニー×ロックマン コラボレーションモデルでは、文字盤と同色の赤・白・黄色の交換用ストラップに、なんとストラップ収納ポケット付きの携帯用ケースが付属。なんとも贅沢な一本となっています。

 

 

最後に取り上げる永井 豪画業50周年記念アイテムは、時計ではなく、扇子。コラボレーションの相手も変わり、海外でも人気のレザーブランドT.A.Sとなります。この扇子は、エチオピアンシープの独特のシボ感を残しながら京都伝統の技で徹底的に薄く梳いたレザーを使った一品。しなやかな開閉と十分な風量を実現しながら、高級感も併せ持つ一品です。開いたときには、ヌバックのような触り心地が得られる特殊印刷によるロックマンの表情が登場。煽いだときに漂うレザーの香りとともに、デビルマンの世界を堪能できるという仕掛けです。

 

 

これらのコラボレーションを仕掛けたのは、老舗アニメ誌「アニメディア」。上記のアイテムはすべて、アニメディアショップ特設サイトから購入できます。作品のファンはもちろん、周囲とは違ったものを探している人にとって、この上なく魅力的なアイテム。限定品なので、のんびりしていると売り切れてしまいますよ!

 

【予約・購入サイト】

https://animedia-shop.jp/cro-cri/

 

©永井豪/ダイナミック企画

TAG
SHARE ON