ファッション
2015/6/5 8:00

“メタボ”な財布は卒業だ! 究極の“ スリムボディ”長財布が登場!

 

財布がポケットを膨らませてしまって、みっともない……。財布を使っていて、きっと1度は遭遇してしまう悩みでしょう。そこで紹介したいのが、薄長財布の決定版と言えるレディオアオーダーの「MOTHER ZERO」。GetNaviがプロデュースした商品を販売するセレクトショップ「ホン・モノ・ケイカク」で販売される同商品は、長財布としての機能性と、携帯しやすいスリムさを両立しました。内容量をキープしつつ、ジャケットやパンツのポケットにムリなく入れられる絶妙なサイズ感を実現したこの機能性が、長財布の常識を変えるかもしれません。

 

DSC_0099

 

財布職人が長財布の常識に立ち向かった苦労が凝縮!

財布の人気がここ数年続いています。その大きな理由は紙幣を折らずにしまえて、カードの収納力が高いこと。レディオアオーダーの代表作である「MOTHER」は、こうした基本性能を高いレベルで追求した長財布です。これは、名前の由来である「母艦」の名の通り、長財布の王道たる収納力がウケて大ヒットしたアイテム。一方で、長財布は使ううちにカードを入れすぎて肥大化しやすく、結局バッグに入れっぱなしになりがち……というデメリットもあります。

 

「MOTHER ZERO」はそんなジレンマを解消すべく、ひとりの財布職人が長財布の“既成概念”に挑んだ製品です。財布が重く大きくなる最大の要因は、カードの収納枚数が多すぎること。これを最適化し、パンツのポケットに違和感なくしまえる絶妙なサイズ感を模索しました。ストレスフリーで常に持ち歩ける、“本当に使いやすい長財布”のカタチを徹底追求したのです。

 

↑ファスナーを開くと3 枚分のカード収納部が あり、その裏には紙幣 を挟めます。計3か所の 束入れの使い分けが利 便性も向上。ちなみにここは最も出し入れがしやすいため、使用頻度の高い千円札を入れておくのがオススメです
↑ファスナーを開くと3枚分のカード収納部があり、その裏には紙幣を挟めます。計3か所の束入れの使い分けで利便性が向上。ちなみにここは最も出し入れがしやすいため、使用頻度の高い千円札を入れておくのがオススメです

 

紙類が飛び出したり、 硬貨収納部のスライダ ーで傷つくことを防ぐ タブ。カード収納部と の厚みの差を調整する 役割も担っている。
↑紙類が飛び出したり、硬貨収納部のスライダーで傷つくことを防ぐタブ。カード収納部との厚みの差を調整する役割も担っています

 

↑大きく開き、出し入れしやすい硬貨収納部。マチがファスナーと重ならないよう工夫することで、全体の厚みを抑えています
↑大きく開き、出し入れしやすい硬貨収納部。マチがファスナーと重ならないよう工夫することで、全体の厚みを抑えています

 

↑紙幣収納部はカードホルダーを挟んで2つに分かれています。使用頻度の高い千円札と高額紙幣、あるいは、高額紙幣とレシートといった具合に使い分けられるのが便利です
↑紙幣収納部はカードホルダーを挟んで2つに分かれています。使用頻度の高い千円札と高額紙幣、あるいは、高額紙幣とレシートといった具合に使い分けられるのが便利です

 

↑硬貨収納部裏側には隠しポケットも装備しています
↑硬貨収納部裏側には隠しポケットも装備しています

 

特注の馬革「ホースハイド」のビビッドな発色が見事

今回の「MOTHER ZERO」は、ネイビー×ショッキングピンクと、ターコイズ×ライトグレーの2色を用意。レディオアオーダーの代表、井戸崇史さん自らが染色を監修し、理想とする発色を実現しました。艶やかな色彩とともに、絶妙な色の組み合わせこそがこのブランドの真髄と言えるでしょう。

 

↑ネイビー×ショッキングピンク。外側はネイビーですが、端からショッキングピンクが顔を出しています
↑ネイビー×ショッキングピンク。外側はネイビーですが、端からショッキングピンクが顔を出しています

 

DSC_0406
↑ショッキングピンクは、ビビッドな発色!

 

DSC_0400_P_50
↑ターコイズ×ライトグレーは、独特の色味が存在感を際立てます

 

↑内革はライトグレー。光を当てると白っぽく見えます
↑内革はライトグレー。光を当てると色味が変わり、白っぽく見えます

 

 

 

↑硬貨収納部にはYKKの薄物用ファスナーを採用。本製品の薄さはこのパーツがあってこそ実現しました。薄く小さなスライダーで、指のかかりが良い特殊な形状で仕上げています
↑硬貨収納部にはYKKの薄物用ファスナーを採用。本製品の薄さはこのパーツがあってこそ実現しました。薄く小さなスライダーで、指のかかりが良い特殊な形状で仕上げています

 

持てる限りの知識と経験、アイデアを詰め込み、素材とパーツ、そして構造を徹底的に精査。今回、財布職人として「長財布の常識」に立ち向かった財布職人の意地とプライドが結実し、ここに新たな名作長財布が誕生しました。

 

 

製品情報

薄マチL字ファスナー長財布「MOTHER ZERO」

2万4840円

軽く、薄く、しなやかな馬革の良さを生かして作られた薄マチ長財布。いくつもの試作品を経て使い勝手を追求した結果、カード収納枚数は必要最低限の7枚に絞っています。その代わりにストレスなく身につけられる高い携行性能を獲得。兵庫の馬革専門タンナーで加工された「ホースハイド」は、発色の良さと吸い付くような手触りが魅力です。●サイズ:W185×H95×D10㎜/132g

商品サイト

 

店舗サイトへはコチラのバナーをクリック!

 

ホン・モノ・ケイカクは本誌が幅広いジャンルでプロデュースした別注品を販売するオンラインショップ。商品は毎回少数ロットしか作らないため、欲しいアイテムは早めのチェックがオススメです!