ファッション
2020/11/26 17:45

【今日はいい風呂の日】アーバンリサーチと高円寺の銭湯「小杉湯」のコラボレーションアイテムがとにかく快感だ!

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)が地域活性化を掲げ、日本各地の企業やクリエイターによって創られるローカルコミュニティとともに、その土地の魅力を再考し発信するプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。

 

今回、6つ目の地域となる東京・高円寺の銭湯「小杉湯」とのコラボレーション第2弾として「ルーズフィットベスト」と、「ルーズフィットヘンリーネックシャツ」を本日、11月26日”いい風呂の日”に発売します。

 

第1弾に引き続き、スマイルコットン社が手がけるブランド「HAAG(ハーグ)」とウェアを協業。単なるリラックスウェアではなく、銭湯を起点とし、街の回遊が叶う商品を目指しています。そのため、製作するアイテムの選定から細かなデザインの調整に至るまで、小杉湯の担当者と幾度となく議論を重ねたアイテムに。

↑小杉湯。東京・高円寺にある昭和8年創業の老舗銭湯

 

銭湯の行き帰りで重要となる楽チンで動きやすい服装であると同時に、そのまま街へと繰り出せるよう、両アイテムともゆったりとした、リラックス感のあるシルエットに設定。また「V ネックベスト」「ヘンリーネックシャツ」のデザインにすることで、一枚でもサマになり、街着としておしゃれも楽しめるようになっています。

↑「URBAN SENTO ルーズフィットベスト」 1万3000円(税別)。アイボリー、ネイビー、オレンジブラウンの3色展開

 

↑「URBAN SENTO ルーズフィットヘンリーネックシャツ」 1万5000円(税別)。アイボリー、ネイビー、オレンジブラウンの3色展開

 

さらに、機能面では湯冷めを防ぐため、使用する素材にもこだわっています。スマイルコットン社が手掛ける「スマイルコットン」は、糸の撚りを少なくすることで繊維と繊維の間に空気の層ができます。「わた」のようにふんわり軽くやわらかいため、保温性に優れているのが特徴。その糸から編み立てられた生地は上質な素材で、綿100%でありながら軽く、まるでタオルに包まれているような感覚です。吸水性や乾きやすさにも優れているため、お風呂上りのリラックスタイムに、そして”ととのった”後にぜひ着用してもらいたいウェアです。

↑「小杉湯のミルク風呂」 2000円(税別)。12月4日発売。 優しいミルクの香りと乳白色の湯に、ワセリン・ミツロウ・ミネラルオイルといった保湿成分が配合された優しい入浴剤

 

イメージビジュアルには、小杉湯と所縁があるアーティスト夏目知幸(元シャムキャッツ)さんと野木青依さんをモデルとして起用。 銭湯の運営に留まらず音楽、ファッション、サブカルチャーとも結び付いてきた小杉湯のコミュニティを感じるイメージビジュアルに仕上がっています。

↑左から夏目知幸(元シャムキャッツ)さんと野木青依さん。屋内、 屋外それぞれのイメージビジュアルを撮影し、リラックスウェア、街着のどちらのシーンでも使用いただけることを表現

 

高円寺の小杉湯から始まった「URBAN SENTO」の取り組みは、今後も新たな銭湯へのこのプロジェクトの参画を呼びかけていき、コミュニティの輪を広げていくとのこと。ついつい部屋着で行ってしまいそうな銭湯ですが、銭湯へ行くのにも快適でありながらオシャレに過ごせるという粋なアイテムです

 

■取扱店舗
アーバンリサーチ なんば CITY 店/アーバンリサーチ KYOTO/アーバン・ファミマ!! 虎ノ門ヒルズビジネスタワー店/アーバンリサーチ ストア 東京スカイ ツリータウン・ソラマチ店/オンラインストア

 

JAPAN MADE PROJECT

https://media.urban-research.jp/feature/ur_japanmadeproject/tokyo/

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

TAG
SHARE ON