ファッション
2016/9/6 11:49

【ビームス先行発売】創業400年の老舗が手がける大人ための整髪料「1615 YANAGIYA ヘアグリース」

タイトに撫でつけたツヤのあるツーブロックやオールバックが男性のヘアスタイルのトレンドとなっていますが、そのようなクラシカルなスタイルにぴったりの整髪料が登場します。柳屋本店は、1980年代に発売し人気を集めた「柳屋 グリース」を現代にリバイバルさせた「1615 YANAGIYA ヘアグリース」を、9月9日よりビームスジャパン(東京・新宿)にて先行発売します。価格は2500円(税別)。

20160905-i07 (3)
↑「1615 YANAGIYA ヘアグリース」

 

柳屋本店は、1615年に東京・日本橋にて創業した老舗の化粧品メーカー。同社の400年の伝統をコンセプトに、創業年を冠した新たなブランド「1615シリーズ」の第一弾として、同社が1978年から1991年にかけて販売していたヘアグリースがリバイバルされることとなりました。

↑1980年代に販売された
↑1980年代に販売された「柳屋 グリース」

 

「1615 YANAGIYA ヘアグリース」は、グリースならではのタイトなセット力と光沢のあるツヤ感が1日中持続し、人気のツーブロックや七三分け、ウェーブヘア、オールバックに最適な使用感となっています。水溶性なので再整髪がしやすく、一度のシャンプーで簡単に洗い落せる点も特徴。甘くゆったりとしたムスクの香りと、上品でシンプルなパッケージが、大人の男性にふさわしいエレガントな雰囲気を醸し出しています。

 

同製品は、同社が扱う「YANAGIYA ヘアグリース」のシリーズ最高峰として位置づけられ、特定の店舗でのみ販売されます。

↑
↑「YANAGIYA ヘアグリース」シリーズ

 

東京・新宿のビームスジャパン店舗およびビームスオンラインにて、9月9日より順次先行販売をスタート。一般販売は2017年2月中旬予定です。

 

大人の男性にふさわしいムスクの香りが絶品

ゲットナビウェブでは、先行販売より一足早く製品を入手することができましたので、その使用感をお届けします。まず製品を手に取って感じるのが、シンプルながら存在感のあるパッケージ。思わず持ち歩きたくなるスタイリッシュなデザインです。容器はアルミ材にコーティングを施してあり、水に濡れてもサビにくい仕様になっています。濡れた手で触ったり、水のはねやすい洗面所などに置いても安心ですね。

20160905-i07 (1)

 

フタを開けると、思わずうっとりしてしまいそうな甘くセクシーなムスクの香りが漂います。ムスクと聞くと“オジサン”っぽい印象を抱く方もいるかもしれませんが、この香りは別格。甘さのなかに清潔感が感じられ、女性受けもよさそう。髪につけたあとは、ほのかな香りが長続きするので、香水やコロンもいらないくらいです。聞けばこの香りの選定には、ビームスジャパンのバイヤーも参加したのだとか。ビームスらしいセレクトの、現代的で華やかなムスクに仕上がっています。ぜひビームスジャパンの店頭で香りを試してみて下さい。

20160905-i07 (2)

グリース自体は、透明でやや硬めのテクスチャーですが、手に取るとスルッと伸びます。硬めのグリースを伸ばすときには、少量の水を加えたりする場合もありますが、こちらのグリースはその必要はありません。髪なじみもよく、固まらないのにセット力が抜群! テカテカにならない程良いツヤ感で、大人のスタイルを作ることができます。

 

価格は2500円と一般的な整髪料より高めですが、このこだわり仕様の数々を考えると納得です。髪型やオシャレにこだわりのある方は、ぜひ一度お試しあれ!

 

【詳細】

容量:85g

サイズ:W78×H78×D24mm

 

【URL】

YANAGIYA 1615ブランドサイト http://www.1615.jp/grease/

 

TAG
SHARE ON