エンジョイ! 宅飲み新時代 with タカラ「焼酎ハイボール」

在宅勤務を頑張ったあとはの楽しみといえば、宅飲みですよね。宅飲みのお供として注目したいのが、ガツンと来る飲みごたえ、辛口の爽快なキレ味で人気のタカラ「焼酎ハイボール」です。幅広い食事に合ううえ、「糖質ゼロ」(※1)「甘味料ゼロ」(※2)「プリン体ゼロ」(※3)の「3ゼロ」で「コロナ太り」を気にする方にもぴったり。そんな「焼酎ハイボール」とともに、ちょっと特別な宅飲みを楽しんでみませんか? と提案するのがこちらの特集。「焼酎ハイボール」の誕生秘話をはじめ、お取り寄せグルメからべランピング、ソロキャンプ、業界人の宅飲みの流儀まで、新時代の宅飲みに役立つ情報をお届けします!

※1:食品表示基準に基づき、100ml当たり糖質0.5g未満を糖質ゼロと表示(<ラムネ割り><ブドウ割り><ライム><ジンジャー><大衆酒場のうめ割り>は糖質ゼロではありません) ※2:食品添加物としての甘味料(人工甘味料)は使用していません ※3:100ml当たりプリン体0.5mg未満をプリン体ゼロと表示

 

注目記事

…タカラ「焼酎ハイボール」、開発当時は「こんなニッチなものが売れるのか?」「こんな味で売れるのか?」と社内でも不安視する声が多かったそう。そんな声を押し切って発売されたのが2006年のこと。「でも、ダメだったんですよ、初年度は。売れなかったんです」と、デビュー当時から同商品のマーケティングなどに携わっていた、塩野憲司さんは語ります。

《編集長オススメ》


在宅ワーク後に「プチ贅沢な晩酌」はどう? 4つの「お取り寄せグルメ」×タカラ「焼酎ハイボール」が誘う至福の時間
コロナ禍で、在宅勤務が続いている方も多いことでしょう。そんなとき、「このあと、晩酌で絶品のおつまみが待っている」と思えば、仕事も頑張れると思いませんか?…

達人が伝授!「アウトドア飲み」が劇的に楽しくなる3つの方法の噺
アウトドアは設備が限られているだけに、家庭で飲むときとは違った工夫が必要になります。そこで今回は、アウトドアの達人・菅井志門さんに協力を依頼…