ゲーム&ホビー
2019/3/7 18:30

ハローキティ誕生45周年。意外と知らなかったキティちゃんの歴史と秘密!

知らない人を見つけるほうが難しいほどの国民的キャラクター・ハローキティ。ご存知の通り、その人気は世界にも拡大し、国民的キャラクターを飛び越え、日本の代表的キャラクターになったと言っても過言ではないでしょう。

 

そんなキティちゃんが誕生してから今年で45周年。ここでは、これまでの歴史と、意外と知らなかったキティちゃんにまつわる秘密の数々を一挙ご紹介します。解説してくださったのは株式会社サンリオ広報課の細尾まどかさん。それではさっそくいってみましょう!

 

「キティちゃんは私にとってアイドルです」と語るサンリオ・広報課の細尾まどかさん。キティちゃんの他にはバッドばつ丸くんのお友達、グッドはな丸も好きだとか

 

 

誕生当初は名前がなかったキティちゃん

――キティちゃん誕生の経緯からお聞かせください。

 

細尾まどかさん(以下、細尾) 1974年に誕生したハローキティは今年で45周年を迎えました。誕生したのは“プチパース”という小銭入れにデザインしたのがきっかけでした。

 

この最初の商品は1975年に発売されたのですが、他のデザインもあるなか、キティちゃんのプチパースが飛び抜けて売れていきました。このときはまだ名前がなかったのですが、人気の高まりとともに名前が決まりました。

 

ルイス・キャロルの小説『不思議の国のアリス』の続編『鏡の国のアリス』に登場するネコの名前“キティ”に“ハロー”をつけてハローキティになりました。

 

ハローキティの第1号商品のプチパース。キャラクターデザインは今も変わらぬ可愛さですが、ここではまだハローキティの記載がありません

 

 

キティちゃんはロンドン郊外生まれ!?

――ハローキティが、「キティちゃん」の愛称で親しまれるようになった経緯はなんだったのですか?

 

細尾 当初、ハローキティは小さな女の子向けの商品を中心に販売していました。“キティは女の子にとってお友達のような存在”として受け止められ、親しみを込めて“キティちゃん”と呼ばれるようになったのではないかなと思います。

 

また、キティは“キティ・ホワイト”という本名なのですが、家族やボーイフレンドもいます。こういったところも親しまれた要因かもしれません。

 

――キティちゃん以外に、どんなキャラクターがいるのでしょうか。

 

細尾 まず、ホワイト家のファミリーは双子の妹のミミィちゃん、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんがいます。さらにボーイフレンドのダニエル君、ペットの猫のチャーミーキティがいます。お友達にはねずみのジョーイくん、タイニーチャムのほか、もぐらのモーリーというキャラクターもいます。

 

――そういったキャラクター個々に、性格やプロフィールがあるのですか?

 

細尾 はい。キティちゃんは、明るくて、優しい女の子。クッキーを作ったり、ピアノを弾くのが大好きで、夢はピアニストか、詩人になること。音楽と英語が得意。好きな食べ物は、ママが作ったアップルパイ。双子の妹、ミミィとは大の仲良しです。

 

ミミィちゃんは、ちょっぴり内気で、はずかしがり屋さん。とっても女の子らしい女の子です。そっくりなキティちゃんと見分けがつくように、右の耳にリボンをつけています。ほかのファミリーやお友達にもプロフィールがあります。

 

キティ・ホワイト。本文にある設定に加え、「体重りんご3個分、身長りんご5個分」といった設定も

 

ミミィ・ホワイト。双子の妹。ちょっぴり内気で、はずかしがり屋さん。とっても女のコらしい女のコ。キティと見分けがつくように、右の耳にリボンをつけています

 

ジョージ・ホワイト。6月3日生まれのパパ。家族みんなが頼りにしている一方、ユーモアセンスも抜群だとか

 

メアリー・ホワイト。9月14日生まれのママ。掃除や洗濯が大好きで、いつも優しい。アップルパイ作りの名人

 

アンソニー・ホワイト。絵を描くのが上手で、物知りで優しいおじいちゃん

 

マーガレット・ホワイト。プディング作りが得意なおばあちゃん。刺繍をするのも大好きだとか

 

ダニエル・スター。ダンスとピアノが得意なキティちゃんの幼なじみのボーイフレンド。カメラマンをしているパパの仕事の都合で、アフリカに行ってしまったダニエルだけど、世界をまわってニューヨークから、キティのところに帰ってきました

 

キティちゃんの家に住んでいるモグラのモーリー。恥ずかしがり屋さん。この他にもキティちゃん周辺ではたくさんのキャラクターが存在するようです

 

 

130にも及ぶ国と地域で、キティちゃんが大活躍!

――日本国内でのキティちゃん支持は、最初のプチパース以降、瞬く間に広がり今日に至っているわけですが、一方、海外からの支持も厚いです。これはどういった経緯があったのでしょうか。

 

細尾 キティちゃんの海外人気が拡大したのは2000年代以降ですね。海外セレブの方々がキティちゃんのグッズを愛用していることが知られたのもきっかけの一つです。最近ですと、ケイティ・ペリーさん、レディー・ガガさんなどですね。

 

――現在、海外ではどれだけの国でキティちゃん商品が販売されているのですか?

 

細尾 世界130の国と地域で、年間約5万種類の商品を販売しています。去年の春にはアメリカにある、ユニバーサルスタジオハリウッドにハローキティのストアがオープンしました。ハリウッドらしい映画をモチーフにした内装やグッズがあるので、ご旅行の際にはぜひご覧いただきたいです。

アメリカのユニバーサルスタジオハリウッドにオープンしたハローキティのストアの様子

 

 

合計1万体の限定ぬいぐるみをリレー形式で贈呈する 「HELLO AGAINプロジェクト」

――サンリオにとっては、やはりキティちゃんが代表的なキャラクターになるのでしょうか。

 

細尾 はい。世界中の幅広い年代の方から愛されている弊社のエースだと思います。当社の企業理念は「Small Gift Big Smile」ですが、これは「ギフトを通じて人と人とのつながりをつくり、友情を育んでいこう」という想いがあります。

 

こうした意味でもキティちゃんは世界中に“みんな仲良く”の想いを届けるメッセンジャーとして欠かすことが出来ない大切なキャラクターです。

 

――誕生から45年という節目の年ですが、新たに取り組まれていることはありますか?

 

細尾 「HELLO AGAIN」というスペシャルプロジェクトを行っています。キティちゃんと関わりのあったすべての方に向けて、「ハローキティと出会った時の体験を思い出してほしい」……そんな思いから企画した、合計1万体の限定ぬいぐるみをリレー形式で贈呈する企画です。

 

公募で選ばれた当選者をスタートに、大切な方へオリジナルキティとメッセージを贈り、受け取った方はまた次の方にぬいぐるみとメッセージを送っていくプロジェクトです。

 

子どものころに初めてキティに出会った時の想い出のストーリーを、大切な方と共有できるプロジェクトなので、多くの方に参加していただければと思います。

 

――商品そのものは、今後も増えていきそうでしょうか?

 

細尾 45周年記念グッズはこれからどんどんお届けできると思います。また「ハローキティ45周年記念 期間限定ショップ」が各地で開催予定です。イベント限定グッズをはじめとしたキティのアイテムが勢揃いします。是非ご確認いただければと思います。

 

キティちゃんが誰かと誰かを結ぶギフトリレー。公募で選ばれた当選者をスタートに、メッセージを添えたぬいぐるみをリレー方式で、1万人のもとに届くまで続きます。誰でも応募することができるので、ぜひチェックしてみてください。詳しくはコチラ

 

 

昨年から始まったYouTubeのハローキティチャンネル。キティちゃん自らの言葉で発信しています。時には質問を受け付けたり、コメント返しをしてくれます。是非チェックしてみてください。コチラ

 

 

あらゆる質問に答えてくださった細尾さん。ありがとうございました!

 

 

じつに奥が深いキティちゃんの歴史とその世界。ここで得たキティちゃんのあらゆる秘密を、奥さま、お子さん、彼女さんに披露するとウケるかも?気になる最新グッズなどの情報はサンリオ公式サイトhttps://www.sanrio.co.jp/ をご参照ください!

 

(C)1976, 1999, 2019 SANRIO CO.,LTD.

TAG
SHARE ON