ゲーム&ホビー
ミニ四駆
2020/5/26 22:00

徳井青空「またジャパンカップに出場して愛車が活躍するのを見たいです!」

ミニ四駆LOVE声優 徳井青空さんスペシャルインタビュー!

声優の徳井青空さんは、ラジオ番組への出演がきっかけで5年ほど前にミニ四駆に復帰。以来、毎年ジャパンカップに出場しているほどの深いミニ四駆愛を、存分に語ってもらいました!

 

↑「レースのスタートでマシンをコースに置くときが一番ドキドキします!」

Profile

とくい・そら

声優のほかマンガ家、絵本作家、DJと多彩な肩書きを持ち、千葉県・南房総市の観光大使も務めます。声優としての主な出演作は、「ラブライブ!」矢澤にこ役、「探偵オペラ ミルキィホームズ」譲崎ネロ役など。愛称はそらまる。エイベックス・ピクチャーズ所属。

 

Play Back!

↑そらまるさんは本誌2016年11月号のミニ四駆特集にも登場。復帰約1年でジャパンカップ1回戦を突破したことを語ってくれました

 

ミニ四駆は“リアル”も“バーチャル”も楽しいです!

——ミニ四駆に復帰してから約5年とのことですが、最近の楽しみ方を教えてください。

徳井 例年は夏のジャパンカップを目指してマシンの改造やチューニングをしていますが、最近はアプリ「ミニ四駆 超速グランプリ」にもハマリ中です。大会のない時期でも、いつでもどこでもミニ四駆を楽しめるのはうれしいですよね。

 

——まず“リアル”のミニ四駆について。復帰年に出場したジャパンカップで1回戦を突破しましたが、以降の成績はいかがですか?

徳井 毎年出ているのですが、残念なことに実はあれ以来一度も突破できてないんですよ~。最初が奇跡だったのかなって(笑)。でも、難しいからこそ毎年挑戦のしがいがあるなあと思っています。

 

——大会に参加するマシンは自ら作っているのですか?

徳井 もちろん! 仕事の合間などに新橋のタミヤプラモデルファクトリーや家電量販店などで購入して、夜な夜な組み立ててます。大会という“〆切”に向けて、ギリギリで組むときもありますよ(笑)。

 

——ジャパンカップの会場で会ったファンに驚かれませんか?

徳井 いえ、至って普通ですよ~。受付に並んでいるときファンの方が声をかけてくれることもありますが、お互いのマシン同士でツーショット撮影をするなど、一緒に楽しんでます(笑)。

 

——では、“バーチャル”のミニ四駆について。「超速グランプリ」に、徳井さんのマシンが登場しました。

徳井 はい。あのマシンは昨年のゲームショーのエキジビションで走らせたものをベースにデザインしてもらいました。ステッカーのデザインもやらせていただいて。ウイングは私がよく描いている「そらまる」のイラスト入りです。

 

——ライバルレーサーとしてゲームに登場したご自身と対戦した感想はいかがでしたか?

徳井 勝つと「徳井青空メダル」をゲットして「マグナムセイバー(そらまるSP)」に交換できるんですが、ゲーム内の私が結構手強くて……。手持ちのマシンを調整しながら、やっとのことで手に入れました。

 

——楽しんでますね!

徳井 実車さながらのリアリティなのでハマっちゃいますね。セッティングが決まってレースで1位になると、実際の大会で勝ったときのようにうれしいんですよ。

 

ジャパンカップでも激走した! そらまるの愛車コレクション

そらまるさん自慢の愛車たちを4台紹介。オリジナリティあふれる改造や塗装が施されたマシンは、大会でも活躍したことのある本格派揃いです。

 

アバンテMk.III ミルキィホームズネロSpecial

初参加したジャパンカップで1回戦を突破した思い出のマシン。「『ミルキィホームズ』で演じたネロのイメージカラーの黄色で塗装したのがポイントです。ボディの『NERO』にも注目!笑」

 

ZウイングマグナムゴールドメッキVer.

コミックス『爆走兄弟レッツ&ゴー!!Return Racers!!1』の付録となっていたボディを使った1台。「タミヤのショップに来ていた子どもたちに『金だ、カッケー』といわれたのがうれしかったです」

 

ウイニングバードジャパンカップSpecial

2019年のジャパンカップでのトレンドパーツ「ピボットダンパー」を導入したマシン。「19年のコースはスゴく難しくて、攻略のためにピボットを入れてみようと思って作りました」

 

ジルボルフピンクゴールドメッキVer.

そらまるさんの最新マシンは緑のシャーシも個性的。「ピカピカのメッキボディが好きで、シャーシとの組み合わせもお気に入り。これはまだ大会で走らせていないんですよ~」

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON