ゲーム&ホビー
2022/6/22 19:15

世界最大のNintendo Switchを作った男、冷蔵庫サイズのXbox Series Xを自作!

マイクロソフト(以下「MS」)のゲーム専用機Xbox Series Xは、その形からよく冷蔵庫に例えられますが、本当に冷蔵庫サイズに改造したYouTuberが現れました。高さは約2m、幅は約1m、重さは約113kgにも達しており、本物の冷蔵庫に一歩もひけを取っていません。

↑Michael Pick

 

これを手がけたMichael Pick氏は、前にも実物の6倍以上もの巨大Nintendo Switch(重さ約30kg)を自作していた人です。『マリオカート8 デラックス』をポータブルモードでプレイし、加速するためAボタンに片腕すべてでのし掛かっていました。

 

今回の巨大Xbox Series Xの大きさは、もちろん世界一の記録を保持しています。Pick氏は、MSが(ネットで「冷蔵庫みたい」と言われたことを受けて)本物と見まがう冷蔵庫「Xbox Series X Fridge を披露したのを見て、このアイディアを思いついたそうです。

 

Pick氏は、この巨大Xboxを作るまでの道のりを記録した動画を公開しています。まず木製の外装から始まり、背面の接続ポートや上側のディテールまで、MS公式冷蔵庫にもないような要素まで再現しています。

 

最も手こずったのは、Xbox Series Xの湾曲した(しかも穴だらけの)天板をマネすることだったそうです。この作業だけで2週間かかったものの、Pick氏は「背が高すぎて誰もこの部分を見ることはないでしょうが、実物に近づけるのに役立つのです」と語っています。

 

巨大なXboxのボタンは見かけ倒しではなく、押すとマイクロコントローラーに信号が送られ、モーターが中にある通常サイズのXboxの電源ボタンを押すことに。つまり「本当に電源が入る」しくみとなっています。もっとも、電源ボタンを押すには脚立が必要かもしれません。

 

Source:Michael Pick(YouTube) 
via:Polygon

TAG
SHARE ON