ヘルスケア
2019/3/24 20:45

ストレスのせい?下痢が続く原因や体調の改善方法とは

この時期は人事異動が多くて不安なんだよなぁ……。この漠然とした不安とストレスのせいか、最近、突然の下痢に襲われることがしばしば。「手作りぬか漬けで腸活」をずっと実践しているけど、原因もはっきりしないし、とにかくお腹の調子を改善したい! というわけで、テレビなどでもおなじみの医師、石原新菜さんにアドバイスをいただきました。

 

お腹がゴロゴロするのは、ストレスが原因かも?

———最近、お腹の調子が悪いんです……。突発的な下痢に悩まされ、とても困っています。季節の変わり目のせいでしょうか?

 


石原さん「その可能性は大いにありますね。寒い時期は交感神経が優位に働き、暖かい時期には副交感神経が優位に働きます。つまり季節の変わり目は、この2つが交錯し、バランスが崩れやすい時期。自律神経の乱れが起こりやすいのです。するとお腹の調子を崩したり、頭痛がしたり、アレルギーや湿疹が出やすくなる方もいるんですよ。」

 

———季節の変わり目って、本当に体調を崩しやすいんですね。それにしてもお腹の不調は、どうしたら治るのでしょう? 最近仕事が忙しかったり、人事異動で人間関係の変化が多かったり、ストレスが原因のような気がして……。

 


石原さん「もしかすると、“過敏性腸症候群”かもしれません。原因ははっきりしていませんが、昨今の研究で、ストレスホルモンの影響によりお腹の調子を崩すことが明らかになっています。突然の下痢は、とても辛いですよね。でも、自己判断で市販の下痢止めを飲むのは、あまりおすすめできません」

 

———え! 下痢止めの薬に頼ることが多いのですが……。

 


石原さん「ストレスが原因だと分かっているなら、服用いただいて構いません。ただし突然の下痢の場合、ウイルス性胃腸炎の可能性も考えられます。ウイルスが原因であれば、そのウイルスをいち早く、外に出すことが大切。つまり、排泄ですね。以前、O-157が猛威を振るったときも、重症化した患者さんの多くが、下痢や嘔吐を止める薬や点滴を受けていたんです。医師としては、下痢の原因が分からない以上、便など排泄物を出し切ることを推奨します!」

 

———そのお話を聞くと、安易な自己判断の怖さを痛感しますね……。仕事中にトイレにこもるのは気が引けるけど、何より体が大切! 今後は出し切るようにします!

 


石原さん「お腹を温めることも大事ですよ! 抵抗のある男性も多いかと思いますが、腹巻きがおすすめです。最近は「ボディウォーマー」という名称で、男性向けのシンプルな腹巻きが販売されています。それに下痢の直後は、体内の水分量が減っている状態ですから、水分補給も欠かせません」

 

———水分補給の大切さは、よく耳にしますね。でも、お腹を温めないといけないのに水を飲んでは、下痢が悪化しそうな気もしますが……。

 


石原さん「そのとおり! 冷たい水やスポーツドリンクでは、いけません。常温で飲んでくださいね。それ以上におすすめなのが、温かい“梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)”。下痢をすると、水分と一緒に、胃液や腸液に含まれるミネラルも排出されてしまいます。その点、塩分をたっぷり含んだ梅干しは、ミネラルが豊富。体を温めながら、ミネラル補給もできるんです」

 

———なるほど、体を温めながらミネラル補給ですか! でも、梅醤番茶というのは初めて聞きました。

 


石原さん「お湯に溶かすだけで作れる商品もありますが、イチから作るのも簡単ですよ。温かい番茶に梅干し1個を入れ、大さじ1杯分の醤油を混ぜるだけ。梅肉をほぐしながら飲んでください。疲労回復も期待でき、下痢にはもちろん、疲れたときにもおすすめです!」

 

———体が温まるだけでなく、心もホッとできそうですね! さっそく、梅干しを買いに行きます。会社にも材料を常備しておけば、より安心できそうです。

 


石原さん「その選択は大正解! ストレスが原因の場合、事前に安心材料をそろえておくことも効果的なんです。“病は気から”という言葉にも一理あって、健康的な体作りにも、ポジティブシンキングが大切です」

 

———ポジティブシンキングですか……。一番、苦手とするところです……。

 


石原さん「繊細な方は、ストレスの影響を受けやすいですからね。日ごろから健康な体を作るには、運動をすること。体を動かすと、テストステロンという男性ホルモンが分泌され、男性も女性も前向きになれます。運動を習慣化できれば、肉体的な健康に直結しますし、筋肉が付くことで、冷えにくい体を作れます。さらにメンタルも強化できるのだから、言うことなし! 下痢の改善にもつながりますよ」

 

———お腹の不調にも、ストレスにも強い体を目指します! 石原さん、どうもありがとうございました!

 

まとめ

体を温めてお腹の調子を改善

ストレスが原因でお腹の調子を崩すことは、やはりあるようです。家に梅干しと醤油を常備して、いつでも梅醤番茶を飲めるようにしておけば、下痢の不安から少しは解放されそうですね。また、運動が健康だけでなく、メンタル強化にもつながるというのも重要なポイントです。

 

イシハラクリニック副院長/ヒポクラティック・サナトリウム副施設長
石原新菜さん

漢方医学、自然療法、食事療法をベースにさまざまな病気の治療にあたる。クリニックでの診察のほか、分かりやすい医学解説と親しみやすい人柄で、講演やテレビ・ラジオへの出演、執筆活動と幅広く活躍。プライベートでは2児の母。13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸し生姜健康法』(アスコム健康BOOKS)をはじめとした著書も多数。
https://www.ninaishihara.com/

 

TAG
SHARE ON