ヘルスケア
エクササイズ
2020/5/14 18:30

自宅で気軽に筋トレするのにオススメ! 評判を呼ぶ「1mmの極薄EMSシート」

筋肉に電気刺激を送ることで筋肉運動を起こし、トレーニングやダイエットにも役立てられるのが、「EMS」と呼ばれる運動機器です。お腹や腕、脚などにEMS機器を巻き付けておけば、自宅でテレビやスマホを見ながらでもトレーニングできてしまうという優れもの。そんなEMSを薄さ1mmの極薄シート状とした最新アイテムが誕生し、評判を呼んでいます。

↑4月に発売された「ルルドスタイル EMSシート」

 

そもそもEMSとは、「Electrical(電気の)」「Muscle(筋肉)」「Stimulation(刺激)」の頭文字から作られた言葉。腹筋や背筋などを鍛えようと思ったとき、通常の筋トレなら自主的にその動作を行って、筋肉がプルプルと震えて辛くなったとしても、その動作を続けなければ意味がありません。でもEMSなら自分の意志とは関係なく、電気刺激によって筋肉が動き、結果として筋トレと同じような効果が得られるのです。

 

筋トレはいつも3日坊主で終わってしまう人でも、EMSならお腹まわりや脚、腕などに機器を装着するだけで、トレーニングを継続することができるというのが、EMSの最大のメリットでしょう。

 

そんなEMS機器の最新アイテムとして4月に株式会社アテックスから登場したのが、「ルルドスタイル EMSシート」。

 

薄さがわずか1mmの極薄シート状になっており、オーロラのようにパステルカラーがウェーブ状に描かれた神秘的なデザイン。従来のEMS機器に多くみられた、黒色の男性っぽいデザインとは無縁の、スマートでおしゃれな見た目が印象的です。

 

素材は強度と耐久性に優れたポリ塩化ビニルが使われ、リチウムイオン電池が内蔵された充電式。収納や携帯時にはヨガマットのようにくるくると巻いてもOKです。

↑丸めることもできるので、収納や持ち運びに便利

 

トレーニングを行うときは、床にシートを置いてその上に立ったり、両脚のふくらはぎ部分をシートにのせて鍛えるほか、お尻をのせて座れば太ももからお尻の筋肉を、テーブルに置いて両腕をのせれば二の腕や前腕の筋肉を鍛えることができます。

 

シートは、低周波から中周波、さらに深部の筋肉に働きかける高周波まで3つのモードを搭載。それぞれ8段階で強弱の調整ができるので、筋肉の状態や部位にあわせて、好みの強さでトレーニングすることが可能です。

 

トレーニングやダイエットするなら、「ウエアや道具もおしゃれなものを用意しないと、気分がのらない」という方には、こんなアイテムがピッタリ。発売から1か月以上が経過しましたが、Amazonでの評価も上々で、「予想以上に使える!」「充電式とは思えない程、強烈」といったコメントが寄せられています。自宅でスマートにトレーニングしていきたいと思う方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

TAG
SHARE ON