家電
2017/2/6 17:51

「波動砲」を撃ちそうじゃない!? パナソニックの創風機「Q」が発光仕様に進化し「ヤマト」劇中にも登場!

パナソニックは、青とオレンジの2色を発光するLEDを新搭載し、光による空間演出機能を付加した創風機「Q(キュー)」F-BP25Tを4月20日より、F-BP25TAを5月10日より発売します。本体色は、F-BP25Tはクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色展開で、F-BP25TAはこだわりのヤマトシルバーのみ。F-BP25Tの実売予想価格は5万4000円で、F-BP25TAの実売予想価格は8万1000円。いずれも本日2月6日より予約受付を開始しています。

 

斬新なデザインのサーキュレーター兼扇風機にLEDが付いた!

 

20170206-s2 (5)
↑左:F-BP25T-R(クリスタルレッド)、中:F-BP25T-W(パールホワイト)、右:F-BP25T-N(シャンパンゴールド)

 

↑F-BP25TA(ヤマトシルバー)
↑F-BP25TA(ヤマトシルバー)

 

 

創風機「Q」は、独自の誘引気流構造を採用し、サーキュレーターおよび扇風機として1台2役で使えアイテム。2015年5月に発売され、球形の先進的なデザインで好評を博しました。

 

今回新発売となるモデルF-BP25TとF-BP25TAは、LEDを新搭載。光の要素を加えることで室内をより豊かに演出します。涼しい印象の「青」と温かい印象の「オレンジ」は年間を通して使えるうえ、フットランプや間接照明として使うなど、リビングやキッチン、ベッドルームなどシーンに合わせて空間を演出できます。また、従来機と同様、同社が25年以上にわたり研究してきた自然に近い風「1/fゆらぎ」を搭載し、360度回転する首振りスタンドも付属しています。

 

F-BP25TAは、日本のアニメ誕生から100周年を迎える今年、その代表的な作品「宇宙戦艦ヤマト」とコラボしたもの。宇宙戦艦ヤマトの全長333メートルにちなんで、333台の数量限定で発売されます。本機は、直進的な気流と吹出口が、ヤマト必殺の武器「波動砲」を想起させるほか、本体にはこだわりのヤマトシルバーを施すことで、宇宙戦艦ヤマトの世界観を演出。艦内備品を思わせるパッケージデザインも特徴です。

 

なお、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第一章の映画が2017年2月より公開されます。本機は、6月に公開される第二章で、アニメのキャラクター「真田志郎」が開発した設定で本編内に登場します。このF-BP25TAは、宇宙戦艦ヤマト公式ファンクラブサイト「ヤマトクルー」でも販売します。

 

球形の斬新なデザインで話題を集めた創風機「Q(キュー)」。今回、LEDを搭載したことで、より部屋を個性的に演出できるアイテムに進化しました。また、F-BP25TAを手に入れれば、アニメとアイテムを共有する体験が味わえます。ヤマトファンならぜひ手に入れたいところですね。

 

【SPEC】●サイズ/質量:W250×D336×D250㎜(首振りスタンド含む)/2.8kg(首振りスタンド含む)●風量切替:5段階●首振り角度:60°/90°/120°/180°/360°●切タイマー:1時間/3時間●消費電力:最大21.5W、最小4.1W