家電
2017/4/13 19:07

高級炊飯器のトップランナー「本炭釜」の最上位モデルは何が違う? 同時発売の中位モデルと比べてスゴさを検証!

高級炊飯器の先駆けとして知られているブランドが、三菱電機「本炭釜」です。2006年、純度99.9%の炭素素材を採用し、職人の手作業で加工した内釜を搭載する本炭釜 NJ-WS10を発売。11万5500円という高価格ながら大ヒット商品となり、高級炊飯器市場を創出しました。そんな本炭釜は2015年、誕生から10周年を迎えたのを機にデザインを一新し「本炭釜 KAMADO」としてリニューアル。そして今回、「本炭釜 KAMADO」の3代目となるモデルが誕生しました。それが、NJ-AW108です。発売日は5 月21 日。実売予想価格は12万円前後(税抜)です。

 

沸騰力と断熱性を強化し、ご飯の潤いもキープ

↑
↑「本炭釜 KAMADO」NJ-AW108。カラバリは左が黒銀蒔で右が白和三盆

 

NJ-AW108は、沸騰工程の投入電力量を増大させて沸騰力を約 7%強化し、さらに断熱材を約 8%増量し、沸騰力で生じた熱を外に逃さない高断熱構造を実現しました。また、炊飯の大火力化で損なわれるごはんの潤いを保つため、蒸気口に密封弁を新たに搭載。沸騰時は、密封弁が開くことで蒸気を逃がして高火力を継続し、蒸らし時には、かまどの木蓋のように密封弁が閉じることで蒸気を閉じ込め、ごはんの潤いを保ちます。

 

そして、業界最厚10㎜の「本炭釜」の釜厚全体発熱とかまど構造の強化によって、粒感(かたさ)を向上させつつ、みずみずしさを保たせたかまどごはんを追求。また、大火力での連続沸騰と米に負担をかけないよう、1.0 気圧で炊くことで、おいしさの成分(甘み・弾力・ツヤ・香り)を含む、保水膜にきれいに包まれたふっくらごはんを実現しています。

 

また、銘柄に合わせた火力制御で、米の特性を引き出しす「銘柄芳潤炊き」機能を引き続き搭載。対応品種を従来の29 品種から6 品種増やし、全国35 銘柄に対応します。カラーは、白をイメージした「白和三盆(しろわさんぼん)」と、深みのある黒をイメージした「黒銀蒔(くろぎんまき)」の2 色。最大炊飯容量は5.5合(1.0L)です。

 

なお、NJ-AW108と同時に、最大炊飯容量3.5合の「本炭釜」NJ-SW068 も発売されます。こちらは実売予想価格が8万円前後(税別)。炭素材ならではの釜厚全体発熱を最大限に活かすため、釜底中央部の厚みを10㎜に厚肉化し、茶碗一杯分(0.5 合)から炊きムラを抑えて粒立ちの良いごはんに炊き上げます。また、上位機種と同様、「連続沸騰」とお米に負担をかけない1.0 気圧炊飯を採用しています。

↑「本炭釜 KAMADO」NJ-AW108。カラバリは左が黒銀蒔で右が白和三盆
↑「本炭釜 KAMADO」NJ-SW068。カラバリは左が白和三盆、右が黒銀蒔

 

最上位機種と一般の機種では何が違う?

「本炭釜 KAMADO」NJ-AW108と「本炭釜」NJ-SW068のスペックは以下の通り。両者の違いを見ると、最上位機種と通常モデルの差がわかりやすいので、併せて解説していきましょう。

20170413-s2-(2)

注目は最大消費電力で、1380Wと800Wと大きく違います。なお、「本炭釜 KAMADO」のみ搭載する「本・熱密封かまど構造」とは、厚みのある断熱層を本体側面に採用し、本体と内釜の隙間をなくし、熱を逃さない構造のこと。さらに、「本炭釜 KAMADO」はヒーターの数も七重(本炭釜は五重)と多いことから、上位機種になるほど、高断熱、高火力を実現していることがわかります。また、通常は上位機種ほど高火力維持のため発熱性や蓄熱性に優れた素材を使い、形状にもこだわっているのが特徴。「本炭釜 KAMADO」の場合は、素材こそ「本炭釜」と同じですが、吹きこぼれを防ぐ羽釜形状を採用しています。

 

もうひとつの注目は、炊き分け機能。「本炭釜 KAMADO」は、銘柄に応じた最適な火力制御を行う「銘柄芳潤炊き」と、15通りのなかから好みの食感を選べる「炊分け名人」を搭載しています。

 

デザイン面では、「本炭釜 KAMADO」が「実りの形」をコンセプトとした丸みのあるデザインであるのに対し、「本炭釜」は一般的なスクエア形を採用。このほか、メニューの選択やエラー表示などを音声で読み上げる音声ナビの有無、液晶の解像度の違いなどがあります。ひとつ気になるのは、上位機種の「本炭釜 KAMADO」は大きさ、重さもひとまわり上で、取っ手もないこと。炊飯器の移動には向かないことがわかります。最上位機種とそれ以外では、火力の差、機能の数は大きく違うわけですが、サイズ、金額も重要なポイント。その点、実物を見てしっかり確認しながら、必要なモデルを選んでください。

20160527-s3-8-760x506