家電
2018/11/28 19:00

【2018年版】パナvsダイソン 2大高級ドライヤーの「独自機能」を徹底比較!

高級ドライヤー市場で人気を二分するパナソニック「ナノケア」とダイソン「Dyson Supersonic Ionic(スーパーソニック イオニック)ヘアードライヤー」。ナノイーとミネラルマイナスイオンを搭載し、“髪質改善”を謳うパナソニック、高圧・高速気流の風で髪の根元から速乾するダイソンともに、うれしい機能が満載ですが、果たして買うべき1台はどちらなのでしょうか。連載の3回目となる今回は、乾燥モードやアタッチメントを含めた「独自機能」をチェックしました。

【その他の連載記事はコチラ】

第1回 【2018年版】パナvsダイソン 2大高級ドライヤーの「乾燥力」を徹底比較!

第2回 【2018年版】パナvsダイソン 2大高級ドライヤーの「使い勝手」を徹底比較!

第4回 【2018年版】パナvsダイソン 2大高級ドライヤー「3項目徹底比較」の最終結論

 

【テストする機種はコチラ】

エントリーその1

ナノイーとダブルミネラルマイナスイオンで乾かしながら“髪質改善”が可能

↑画像クリックで楽天市場の最新の価格比較サイトにジャンプします

パナソニック

ヘアードライヤー「ナノケア」 EH-NA9A

実売価格1万9520円 ※価格はすべて編集部調べ

ミネラルマイナスイオンを発生させ、髪を乾かしながら“髪質改善”できるヘアードライヤー。パナソニック独自の微粒子イオン「ナノイー」と2つの亜鉛電極から発生するミネラルマイナスイオンがキューティクルを引き締め、髪の摩擦ダメージや紫外線の影響を抑えて、しっとりまとまる髪へと導く。毛先集中ケアモードからスカルプモード、スキンモードなど、地肌から毛先、肌までケアできるモードを搭載。

SPEC●サイズ/質量:W214×D92×H228mm/約575g(セットノズル含まず)●消費電力/1200W(ターボ時/ホット時)●風量/約1.3㎥/分(ターボ時)●コード長/約1.7m●付属品/セットノズル

 

エントリーその2

高圧・高速気流で髪の根元から毛先まで優しく速乾

ダイソン

Dyson Supersonic Ionic(ダイソン スーパーソニック イオニック) ヘアードライヤー

実売価格4万8600円

コンパクトながら一般的なドライヤー用モーターの最大8倍速く回転する「ダイソン デジタルモーター V9」を搭載。取り込んだ空気を3倍に増幅し、高圧・高速気流の風が髪の根元から毛先まで速乾する。さらに「インテリジェント・ヒートコントロール」機能を搭載し、過度の熱ダメージから髪を守るため、温風の最高温度は100℃に抑えるなど、髪へのダメージを抑える機能があるのも特徴だ。

SPEC●サイズ/質量:W78×D97×H245mm/約630g●消費電力/1200W(最大)●風量/約2.4㎥/分●コード長/約1.9m●付属品/ダイソン スムージングノズル、ダイソン スタイリングコンセントレーター、ダイソン ディフューザー

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示