家電
2019/6/16 18:30

頭皮ケアに導入したい! 読めば3分でトレンドがわかる「スカルプケア家電」4選

スカルプケアに注目が集まっている現在、育毛関連のグッズが多く発売されています。育毛剤や育毛トニック、スカルプシャンプーなどのドラッグストアでおなじみのアイテムが増えているのはもちろんですが、実は家電ジャンルでも、スカルプケアアイテムが市場を賑わせています。

 

【関連記事】

2019年に選びたい6000円以下のメンズ美容アイテム4選【トレンド予測のプロが断言】

 

ユニークなアイテムが多いスカルプケア家電

スカルプケア家電には、ユニークなアイテムが多いのが特徴です。ドライヤーやヘアブラシといった、いままで使っていたアイテムにプラスワンの工夫をしたものから、独自の機能を持ったマッサージャーなどが発売されています。価格や機能もピンキリで、高価なものでは2万円を超えるアイテムも。

 

この記事では、スカルプケア家電に興味を持たれたあなたのために、ざっと読めば、「いまのスカルプケア家電のトレンドがわかる!」アイテムを、3ジャンル4点ご紹介します。これは使いたい! と食指が動くものがあればぜひ使ってみてください。

 

 

ジャンルその1:頭皮マッサージャー

頭皮に密着して、肌を直揉み

パナソニック

スカルプD メカノバイオEH-SHM87-R

実売価格1万7030円

ヘアケアメーカーのスカルプDとコラボした頭皮マッサージャー。従来の頭皮マッサージャーに比べて頭皮への密着度が25%アップしており、頭皮を直に掴まれているかのような心地よさを楽しめるのが特徴です。

 

本品が独自に搭載する「スカルプDモード」は、頭皮の動き感を高め、緩急を与えた独自のリズムで伸展運動を行います。頭皮を大きく動かすことで、まるで手でマッサージをされているかのような感覚をユーザーに与えます。

 

<こんな人にオススメ>

  • スカルプDシリーズを使用している
  • しっかり頭皮マッサージをしたい

 

 

場所を選ばずできる頭皮環境ケア

シャープ

プラズマクラスタースカルプエステEX

実売価格1万3800円

ヘッドスパニストの手の形状を参考に作られた、ダブルかっさ形状の頭皮マッサージャー。かっさの先端にはチタンボールが内蔵されており、心地よく頭皮を刺激します。かっさが髪をかきわけることで、プラスとマイナス、2つのイオンが頭皮に届き、ふけやかゆみを抑え髪の毛のボリュームをアップさせてくれます。コンセントを気にせず使える充電式のコードレスタイプで、場所を選ばず使うことが可能です。

 

<こんな人におすすめ>

  • ヘッドスパが好き
  • 家の中ならどんなシーンでも使えるアイテムが欲しい

 

 

ジャンルその2:スカルプケアドライヤー

低温風とスカルプヘッドで頭皮と毛髪をしっかりケア

ヤーマン

スカルプドライヤー HC-6

実売価格2万1164円

頭皮ケアに特化したドライヤー。熱による髪の細胞の破壊を抑えるため、遠赤外線を利用した60℃の低温風「ヘアケアドライモード」を搭載。遠赤外線は髪の水分に吸収されることで熱を生むため、風の温度が高くなくとも髪を内側からしっかり乾かしてくれます。

 

また、クシの形をしたアタッチメントを使うことで髪にドライヤーを直接当てることができます。このアタッチメントが音波振動し、まるでヘッドスパのごとく頭皮にハリをもたらします。ヘアケアドライモードのほかにも、頭皮や髪をケアするための「スカルプHOTモード」を搭載。42℃の風が冷えがちな頭皮を温めて柔軟性を高め、頭皮と髪の健康をサポートします。

 

<こんな人におすすめ>

  • 長い髪をしっかり乾かしたい
  • 多機能のアイテムが欲しい

 

 

ジャンルその3:ヘアブラシ

お手軽価格の金属製電動ヘアブラシ

小泉成器

リセットブラシ KBE-2901

実売価格2413円

頭皮や髪に付着した、ほこりやふけを落としてくれるブラシ。このブラシは約1000ガウスの強力な磁気を持っており、また毎分6000回転の音波振動機能を内蔵しています。この磁気と音波振動、そしてひんやりした感覚が頭皮を心地よくマッサージしてくれるのです。十分な機能を備えながら、サイズ感は持ちやすさに配慮して、一般的なブラシのサイズをキープ。他の頭皮ケアアイテムと比べて値段が安いのも魅力です。

 

<こんな人におすすめ>

  • ヘアブラシにもこだわりたい
  • 価格の安いスカルプケアアイテムが欲しい

 

協力:楽天市場