家電
オーブン・レンジ
2019/7/31 21:50

「底値モデル」が狙い目! プロがすすめる「お手ごろスチームオーブンレンジ」5選

水蒸気の力で加熱することで、食材の乾燥を防いでジューシーに仕上げる「スチームオーブンレンジ」。油を使わないノンフライ調理も可能とあって、憧れる人も多いでしょう。…でも、やっぱりお高いんでしょう? と思っている方。いえいえ、上手に選べばお手ごろ価格で手に入るんですよ! というわけで今回は家電のプロ・戸井田園子さんにお願いし、オススメの5モデルを選んでもらいました!

 

【教えてくれるのはこの方!】

20161109-s3 (1)

家電コーディネーター

戸井田園子さん

雑誌やテレビなど、数多くのメディアにひっぱりだこの家電専門家。ユーザー目線に立ったわかりやすい解説で、読者の厚い信頼を受けています。

 

【その1】

過熱水蒸気量の調節機能が加わり、調理の幅が広がった!

シャープ

ヘルシオ AX-XS500

実売価格5万5719円

火加減(温度)や時間に加え、調理中に過熱水蒸気の量をコントロールできるようになったシャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」の2018年モデル。過熱水蒸気量は3段階で調節可能で、調理前半は過熱水蒸気を多くして食材の内部に早く熱を通し、調理後半は過熱水蒸気量を減らして表面を焼き上げるといった、こだわり調理が可能です。オーブンは「2段熱風コンベクション」方式。最高300℃のオーブンでピザもカリっと仕上がります。食材の量が多くても少量でも、冷凍・冷蔵・常温が一緒でも、角皿に並べて調理方法を選ぶだけで最適に調理する「まかせて調理」も搭載。同じ「まかせて調理」を搭載する最新機種(AX-XW600)が約18万円なので、価格を抑えて「ヘルシオ」を手に入れたい人には狙い目のモデルです。

SPEC●サイズ/質量:W490×H420×D450㎜/約24kg ●庫内容量:30L(2段調理)●定格消費電力:レンジ 1460W/オーブン 1410W/グリル 1410W ●オーブン温度調節範囲:100~250・300℃/発酵(30・35・40・45℃)●レンジ出力:1000W・600W・500W・200W相当

↑自動メニュー数は87、クックブックメニュー数は175。常温・冷蔵・冷凍と食材の温度が混在していても、「赤外線センサー」と「温度センサー」の2つのセンサーで感知し、「まかせて調理」機能で一気に調理できます

 

【戸井田さんのオススメコメント】

「『ヘルシオ』の中級機で、30Lのファミリーサイズはお料理好きにも満足の容量でしょう。ヘルシオではじめて、過熱水蒸気コントロール機能を搭載し、火加減と同様、過熱水蒸気の量を調整して仕上がりを変えることができるので、料理の幅が広がります。また、食材の量・温度に関わらず、ボタンひとつで調理ができる『まかせて調理』は秀逸! 過熱水蒸気のみで加熱ができるのもオンリーワン。2018年8月発売で今が底値です」(戸井田さん)

 

【その2】

ノンオイルメニューが充実! 料理の油が気になる人に

日立

ヘルシーシェフ MRO-VS7

実売価格2万8299円

日立「ヘルシーシェフ」の2018年スタンダードモデル。100℃以上に高めた過熱水蒸気やレンジ・オーブン・グリルなど、さまざまな加熱方法を組み合わせて、ヘルシーなメニューがオートで作れます。「チキン南蛮」「ポテトコロッケ」「青椒肉絲」などもノンオイルで作れるのが魅力。レシピ数は125、オートメニュー数は92。前回選択した出力W数を記憶する簡単レンジボタン、1人分、2人分の分量がオートで調理できる少人数ボタンなど、使い勝手のいい機能も搭載されています。

SPEC●サイズ/質量:W483×H340×D388㎜/約14kg●庫内容量:22L(2段調理)●定格消費電力:レンジ 1450W/オーブン 1340W/グリル 1340W●オーブン温度調節範囲:100~210℃、250℃/発酵(30・35・40・45℃) ●レンジ出力:800W・600W・500W・200W・100W相当

↑庫内は天面もフラット。シリコン系塗装の庫内側面と平面グリルは汚れを落としやすく、お手入れもカンタンです

 

【戸井田さんのオススメコメント】

「ノンフライや油を使わない炒め物など、ヘルシーなオートメニューが用意され、ファミリーユースにもOK。1人ぶん、2人ぶんがオートで調理できる少人数ボタンも便利です。手動グリルでトーストも焼け、汎用性があって使いやすいのも魅力。2018年モデルでいまが底値となっていて、この価格でこの機能は、コスパよしです! ちなみに、ひとつ上のグレードでトリプル重量センサー搭載の『MRO-VS8』もオススメ。ただし、『MRO-VS8』は量販店ではすでに後継機種に切り替わっているので、ネットで探すのがいいでしょう」(戸井田さん)

 

【その3】

低温オーブンで鶏のコンフィやドライフルーツも簡単!

パナソニック

ビストロ NE-BS605

実売価格3万4220円

パナソニック「ビストロ」の2018年スタンダードモデル。オーブンが80℃の低温に設定でき(高温は250℃)、低温でじっくり火を通す「コンフィ」のような料理にも対応します。レンジ、ヒーター、スチームの合わせ技で、買ってきた惣菜パンなどを表面はさっくり、中はふんわりと仕上げることも可能。付属の「ビストログリル皿」は、遠赤ヒーターとお皿で上下から肉や魚を加熱して、裏返さなくてもこんがり! レシピ数は95、自動メニュー数は63。

SPEC●サイズ/質量:W500×H347×D400㎜/約15.5kg●庫内容量:26L●定格消費電力:レンジ 1420W/オーブン 1270W/グリル 1220W ●オーブン温度調節範囲:80~250℃/発酵(35・40℃) ●レンジ出力:800・600・500・300・150W(相当)・300Wスチーム

↑低温オーブンは、コンフィやドライフルーツなど、幅広いメニューに対応します

 

【戸井田さんのオススメコメント】

「『ビストロ』シリーズのコンパクトで高機能なスタンダードモデルです。容量は26Lあり、ファミリーユースでも十分。2018年8月発売なので今が底値のお手ごろ価格です。人気の裏返さなくても両面がこんがり焼ける『ビストログリル皿』も付属。コンフィやドライフルーツが作れる『低温オーブン』もウリになっています。電子レンジも-10~90℃に食材温度の設定ができ、料理作りに活用しやすいのもポイント。人気のビストロの機能がこの価格で手に入るのはお得です!」(戸井田さん)

 

【その4】

石窯のような丸みのある天井でムラなく加熱

東芝

石窯ドーム ER-SD70

実売価格2万7550円

丸みを帯びた天井構造で効率よく熱対流を起こし、うまみや水分を閉じ込める東芝「石窯ドーム」の角皿式スチームモデル。角皿にお湯を注いで水蒸気を発生させる調理方法「角皿スチーム調理」で、ノンオイル調理も可能です。レンジ機能としては、赤外線センサーと温度センサーで、-10℃~90℃までのお好みの温度に食材をあたためることができ、バターを柔らかくするのも手軽です。

SPEC●サイズ/質量:W480×H350×D390㎜/約14kg●庫内容量:26L●定格消費電力:オーブン・グリル 1220W/レンジ 1430W●オーブン温度調節範囲:100~250℃/発酵(30・35・40・45℃)●レンジ出力:1000W・600W・500W・200W相当・100W相当

↑間口寸法39cmで、コンパクトながら取り出しやすいデザイン

 

【戸井田さんのオススメコメント】

「角皿タイプのスチーム搭載モデル。26Lのワイド庫内で出し入れしやすいのが特徴。ドーム型の天井でムラなく加熱し、オーブン料理もしっかりできます。電子レンジとの併用は不可ですが、ヒーター加熱時はスチーム調理が可能。ノンフライの料理も含め、総レシピ数は143と豊富です。裏返しは必要ですが、トーストも焼けて汎用性もあり。2018年発売で今年8月には後継機種が出るため、今が底値。価格の魅力は大きいです!」(戸井田さん)

 

【その5】

ウォーターオーブン専用機に便利なレンジ機能が加わった!

シャープ

ヘルシオ グリエレンジ AX-HR2

実売価格2万3710円

シャープ ヘルシオ グリエレンジ レッド AX-HR2-R

シャープ ヘルシオ グリエレンジ レッド AX-HR2-R

43,700円(08/02 03:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

ウォーターオーブン専用機だった「ヘルシオ グリエ」に、レンジ機能を加えた2in1モデル。過熱水蒸気だけでは難しかったごはんのあたためや解凍ができるようになり、お弁当はレンジで、から揚げやぎょうざのようなお惣菜は過熱水蒸気で……と、最適なあたためが1台で可能になりました。従来通り、過熱水蒸気の特徴を活かして、パンのリベイクや油落とし調理、ノンフライ調理にも活躍します。

SPEC●サイズ/質量:W470×H280×D405㎜/約13kg●庫内容量:8L●定格消費電力:グリル 1430W/レンジ 1100W●レンジ出力:600W・500W・解凍200W相当

↑トースターとレンジを個別に置くよりもキッチンスペースが有効に使えます。庫内容量も「ヘルシオ グリエ」から約1.7倍広がり、大きな容器のあたためも可能になりました

 

【戸井田さんのオススメコメント】

「『ヘルシオ』のシンプル版というイメージです。もともと過熱水蒸気での調理がメインで、揚げ物のあたため直しやノンフライ調理が得意。トーストやクロワッサンも美味しくあたためられます。料理用としても、デイリーのあたため直し用としても気軽に使えるモデル。発売後2年経っているので、価格もかなり手ごろです。サイズもコンパクトで設置しやすいのも魅力」(戸井田さん)

【関連記事】

「やっぱりレンジは必要でした」とライター痛感! “先祖返り”したシャープ「ヘルシオ グリエレンジ」そのメリットは?