家電
洗濯機
2019/9/3 7:00

洗濯機が「タオルソムリエ」に弟子入り? タオルの仕上がりがまったく違うパナソニックの新「ななめドラム洗濯乾燥機」

パナソニックは「ななめドラム洗濯乾燥機  NA-VX900AL/AR」を11月1日に発売します。実売予想価格は38万円前後(税抜)。

↑ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX900AL/AR。左が-N(ノーブルシャンパン)、右が-W(クリスタルホワイト)

 

「約40℃つけおきコース」では、普段着に加えておしゃれ着も黄ばみ除去可能に

黄ばみ除去ができる「約40℃つけおきコース」は、従来はおしゃれ着に使用することができませんでしたが、新製品では、機械力を抑えてつけおき、やさしく脱水することにより、おしゃれ着も洗えるようになりました。また、普段着の黄ばみ除去についても、従来の約7時間に対し、新製品ではドラムのかくはんの稼働率を上げて衣類をしっかり洗うことにより、約4時間の時短を実現しました。

 

「タオル専用コース」搭載でタオルが気持ちいい肌ざわりに仕上がる!

今治タオルの企画・製造・販売を手掛けるタオルソムリエの阿部哲也氏は、タオルを洗濯する際、たっぷりの水で洗い、脱水後にはたいてパイルを立たせるというひと手間を加え、水分量を適切に保ちながら乾燥させることを推奨しています。新搭載した「タオル専用コース」では、パイルがつぶれないよう水量をアップしてやさしく洗い、脱水後に風をしっかり当ててパイルを立たせ、適度な水分を含んだ状態で乾かすことで、タオルソムリエの技を再現。これにより、吸水性が保たれた気持ちいい肌ざわりのタオルに仕上げるといいます。

 

温水スチームにより、洗浄剤を使わずに黒カビの発育を抑制

このほか、衣類用の塩素系漂白剤を使用して黒カビを抑制する、月に一度推奨の従来のお手入れに対し、新たに搭載した「約60℃槽カビクリーンコース」は、ドラム槽内に温水スチームを充満させ、洗浄剤を使用せずに洗濯槽の黒カビの発育・カビ臭を約2時間の運転で抑制します。さらに、「スマホで洗濯」との連携で外出先からでも簡単にお手入れができます。

おしゃれ着の黄ばみが落とせてタオルがふんわり仕上がり、清潔性もアップした「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX900AL/AR」。ぜひ注目してみてください。

TAG
SHARE ON