家電
洗濯機
2019/7/5 18:50

「洗濯、終わったよ」と冷蔵庫が教える…!? 機器連携に対応したシャープのAIoT洗濯機

シャープは、「プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W112」を7月25日から発売します。実売予想価格は34万円前後(税抜)。

 

機器連携に対応し、天気に応じた洗濯方法をアドバイス&冷蔵庫から洗濯の終了を通知

本機は、天気情報に応じた洗濯アドバイスに加え、スマートホームサービス「COCORO HOME」と連携し、冷蔵庫からも洗濯機の運転終了をお知らせしてくれる「機器連携」に対応。例えば、キッチンで料理をしている時に洗濯が終了すると、対応する冷蔵庫(※)のドアを開けたときに音声で洗濯終了を知らせるので、タイムリーに洗濯物を取り出せて、家事をスムーズにこなせるとのこと。

※機器連携に対応する冷蔵庫は、同社の無線LAN搭載モデル「SJ-GA55E/50E」「SJ-GX55E/50E」「SJ-GX55D/50D」

↑プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W112

 

さらに、AIoT(※)クラウドサービス「COCORO WASH」との連携で、最適なお洗濯をサポート。「COCORO WASH」では、居住地域の天気に合わせたおすすめの洗濯方法をアドバイスしたり、洗剤の種類に合わせた適切な使用量を知らせしたりしてくれます。

※AIoT……シャープの造語。IoT(モノがインターネットに接続して、相互に情報をやりとりすること)とAI(人工知能)を組み合わせたもの

また、専用アプリではカーテンなど、洗いかたに迷う洗濯物に最適な専用コースを教えてくれる「洗いかたナビ」を搭載。スマートフォンで専用コースを選択し、洗濯機に送信することで、洗濯物の種類に合った最適なコースで洗えます。

さらに、本機では、新たに「水着・ラッシュガードコース」や「ミニ座布団・クッションコース」などの専用コースの種類を追加。洗いかたのこだわりから選べるコースも追加し、柔軟剤の香りを楽しみたい場合は「香りプラスコース」を紹介するなど、洗濯物の種類や出来上がりに合った専用コースを紹介します。

 

メンテナンス面では、乾燥運転終了後、毎回自動で乾燥フィルターに溜まったホコリを掃除して集める「乾燥フィルター自動お掃除機能」を搭載。集められたホコリを捨てるだけなので、お手入れの手間を軽減できるほか、キレイな状態を保ち風通しが良くなることで、乾燥効率の低下を防ぐとのこと。

洗濯のたびに自動で乾燥ダクトと排気口を掃除する「乾燥ダクト自動お掃除機能」を搭載。洗濯時の給水を利用し、乾燥ダクトや排気口に残る糸くずや洗剤カスを毎回自動で洗い流します。乾燥時の風通しが良くなるため、「洗濯物が乾きにくくなる」、「乾燥時間が延びて電気代が余分に掛かる」といった乾燥効率の低下を防ぎ、衣類をしっかりと乾燥させることができます。

 

このほか、業界最高水準の低騒音(洗い30dB・脱水37dB)に加え、新たに乾燥運転時においても39dBの低騒音化を実現。同社ならではのプラズマクラスターユニットも搭載し、ドラム内部に高濃度のプラズマクラスターイオンを放出し、洗濯槽やヒートポンプユニットのカビ菌の繁殖を抑制する「槽クリーンコース」を搭載し、洗濯槽内を清潔に保ちます。また、プラズマクラスターイオンでスーツやスカーフなど、家庭では洗いにくいものを水を使わずに消臭できる「消臭コース」も搭載。

 

AIoTなどの先進機能に対応し、清潔性も万全の「プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W112」。ぜひ、注目してみてください。

TAG
SHARE ON