家電
衣類ケア
2019/11/19 18:30

コード「レス」と「付き」が選べる衣類スチーマーが意外に便利。「急ぎで1枚」も「まとめてじっくり」も両方行ける!

最近はハンガーにかけたままでもアイロンをかけられる衣類スチーマーが人気。なかでも、スチームとプレスの1台2役になるアイテムに注目が集まっています。そんななか、東芝ホームテクノは同社のアイロン「La・coo S」(ラクーエス)シリーズの新モデルとして、使いやすさ重視のコードレス(兼コード付き)タイプ「TAS-X5」としっかりケアしたいコード付きタイプ「TAS-V5」の2モデルを発表しました。TAS-X5は11月初旬発売で、実売予想価格は税抜1万5000円前後。TAS-V5は11月中旬発売予定で、実売予想価格は税抜1万3000円です。

↑コードつきでもコードレスにも使える衣類スチーマー「TAS-X5」

 

↑La・coo Sシリーズ衣類スチーマーの新モデルがズラリ。左から「TAS-X5」のローズレッドとゴールド、「TAS-V5」サテンゴールドブラックとローズゴールドホワイト。「TAS-X5」のサイズは約幅179×奥行き71×高さ137mm、重量はコードレス時で約0.71kg。「TAS-V5」は約幅170×奥行き70×高さ132mm、本体重量約0.69kg

 

コードレスでスチームが1分30秒持続する「TAS-X5」

一般的なプレスアイロンはコードレスタイプが多いのにもかかわらず、「手軽さ」を売りにしている衣類スチーマーはコード付きタイプがほとんど。そんななか、昨年、業界で初めてコードレスタイプを導入したのが東芝のTAS-X4です。もちろん今回発表されたTAS-X5もコードレスで使える衣類スチーマー。うれしいのが、コードレスだけではなくコードがついた状態でも使える2wayタイプであること。朝の忙しいときなどにササッと使いたいときはコードレス、複数の衣類をじっくりシワ取りしたい場合はコード付き、といった使い方が選べるようになっています。

↑コードがある状態

 

↑コード部分を外せば、コードレスタイプの衣類スチーマーとして利用できます。スチームの持続時間はコードレス時で最長約1分30秒

 

コードレスタイプというとパワー不足が気になりますが、スチーム量は最大約12mL/分と一般的な量。パワフルタイプとはいえませんが、シャツのシワ取りなどには十分なパワーです。水タンクの容量は役65mLで、コードがついた状態なら最長約7分10秒スチームアイロンが利用できます。

↑シャツをハンガーにかけたまま、スチーマーをスーッと衣類表面を移動させるだけ。コードレスなのでとにかく取り扱いがカンタンです

 

↑シャツ右側だけ20秒ほど衣類スチーマーをかけたところ、かなりシワが伸びているのがわかりました

 

コード付き「TAS-V5」はスチーム量が多く「瞬間3倍ショット」を搭載

衣類スチーマーのパワーを重視するなら、TAS-V5がオススメです。こちらはコードレスにはなりませんがTAS-V5だけの「瞬間3倍ショット」機能を搭載。瞬間3倍ショットは約2秒間通常のスチーム量の3倍のスチームを噴出する機能で、一般的なスチームだととれにくい深いシワのケアに便利です。

 

また、通常時のスチーム量も最大約15mL/分とTAS-X5より少しパワフル。さらに水タンク容量も約110mLと大きめなので、スチームの連続持続時間も10分間とより長く使用することができます。

↑TAS-V5を手に持ったところ。コードレスタイプより本体とコードの接続部分がすっきりしたデザインです

 

↑TAS-V5で「瞬間3倍ショット」を使用したときのスチーム。大量のスチームが勢いよく吹き出しているのがわかります
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON