家電
2020/1/27 19:30

花粉の本格シーズンが来る前に! 1~3万円の「ハイコスパ空気清浄機」おすすめ4選

冬は寒さで換気しづらいために、お部屋の空気が汚れがち。冬を越せばすぐに本格的な花粉のシーズンということもあって、そろそろ本機で空気清浄機がほしいと考えている方も多いはず。とはいえ、いくら高性能でも、お値段が高いモデルはなかなか選べないですよね。今回は、加湿機能などはないものの、十分な機能を備え、設置性にも優れたハイコスパモデル4選を紹介します!

 

その1

二酸化塩素で空間を除菌・消臭する約1万円のアイテム

ドウシシャ

クレベリンLED搭載 除菌・消臭器 スクエアタイプ CLGU-062

実売価格1万500円

大幸薬品がウイルス除去・除菌・消臭製品「クレベリン」シリーズで培った技術を基に開発したアイテム。「クレベリンLED」によって、空間の除菌・消臭効果がある二酸化塩素を発生させます。二酸化塩素は液剤としても使用されており、安全性の高い成分として注目を集めています。本機は二酸化塩素をファンで拡散するため、短時間で空間に広がります。8時間で照射を停止する自動停止機能付きで、不要な運転を避けるのが経済的。使用時間を自動でカウントし、交換時期が来ると光で知らせてくれる機能が便利です。幅・奥行とも約10cmとコンパクトなので、書斎や寝室、子ども部屋や玄関などにぴったり。

SPEC●適用床面積:約6畳●サイズ/質量:W99×D99×H150mm/約360g

↑コンパクトなので設置性はバツグンです

 

その2

約2万円ながら粒子帯電技術と高性能フィルターで空気清浄

ブルーエア

Blue Pure 411 Particle + Carbon

実売価格1万9800円

約2万円という価格ながら、独自の粒子帯電技術と高性能フィルターで、パワフルに空気を清浄。直径20㎝というコンパクトさが日本の住宅事情にぴったりです。小型ながら本体下部360°から吸引し、浄化した空気を天面から排出し、部屋全体の空気を効率よく循環させます。日々のメンテは不要で、半年ごとのフィルター交換で高い浄化性能をキープ。プレフィルターのカラバリは赤・青・グレーの3色。インテリアに合わせて取り替えられます。

SPEC●適用床面積:〜22㎡(〜13畳)●サイズ/質量:φ200×H425mm/約1.5kg

↑上位機譲りの技術を生かしたフィルターが花粉やホコリ、PM2.5などの微粒子を徹底除去。内部に活性炭シートを装備し、生活臭も取り除きます

 

その3

ナノイーで有害物質を抑制し、下部からパワフルに吸引

パナソニック

空気清浄機 F-PXS55

実売価格3万460円

独自の微粒子イオン「ナノイー」を放出し、花粉などのアレル物質やウイルス、菌などの活動を抑制。タバコ臭や生ゴミ臭などの脱臭にも高い効果を発揮します。「ハウスダスト気流」により、花粉やダニの死がい・チリ・ホコリ・ペットのフケなどの重い汚れなどは前面の下部から吸引。吸引しにくい大きく重い汚れもしっかり吸引します。全体や上方にただよう小さな汚れを吸引する「ニオイ・けむり気流」も搭載。接地面積はほぼA4サイズで奥行195mmと本体は薄く、壁にぴったり設置することも可能と、置き場所の自由度が高いのもメリットです。

SPEC●適用床面積:約25畳●サイズ/質量:W300×D195×H580mm(+脚部:10)/約5.8kg

↑花粉などの重い粒子も前面下の吸い込みでしっかりキャッチ

 

その4

プラズマクラスターと「スピード循環気流」で効率よく空気を浄化

シャープ 

空気清浄機 FU-L50

実売価格3万860円

0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じんする静電HEPAフィルターと脱臭フィルターなどを搭載するほか、シャープ独自の空気浄化技術、プラズマクラスター7000を搭載。プラズマクラスターイオンの効果で浮遊カビ菌を除菌・浮遊ウイルスや花粉の作用を抑えるほか、タバコや汗などの付着臭、生乾き臭などのニオイを分解して消臭します。「スピード循環気流」を搭載し、遠くのホコリも引き寄せて背面全体の吸込口でパワフルに効率よく吸引。10分間の最大運転を行いながらプラズマクラスターを集中的に放出する「パワフル吸じん運転」は、花粉の季節、外出先から帰ってきたときなどに便利です。

SPEC●適用床面積:約23畳●サイズ/質量:W383×D209×H540mm/約4.9kg

↑「スピード循環気流」で遠くのホコリを引き寄せ、プラズマクラスターが静電気を除去しながら背面から効率よく吸引します

【ギャラリー】