家電
美容家電
2020/4/24 20:00

自宅に家族のオアシスが出現! 最新の「振動トレーニングマシン」で巣ごもりの身体が喜んだ

外出自粛要請や緊急事態宣言によって、自宅にこもる日々が続いています。一日も早い新型コロナウイルス終息を願って、今はガマンのときですが、気になるのが運動不足。すでに体のあちこちが痛み始め、このままでは健康面でも大きな影響が出てしまいそう。そこで、ふと頭をよぎったのが自宅でトレーニングできる振動トレーニングマシンです。これさえあれば、「巣ごもり」状態でも手軽に運動できるのでは……?

 

というわけで、ドリームファクトリーが展開するボディケアブランド「ドクターエア」で人気の振動マシン「3Dスーパーブレードシリーズ」に着目。その最新モデル「3DスーパーブレードPRO」(実売価格5万9800円」を使ってみることにしました。果たして自粛生活のなかでどのように役立ってくれるのか、楽しみです!

↑ドクターエアの「3DスーパーブレードPRO」

 

3種類のモーションでエクササイズ&ケアを行う

「ドクターエア」といえば、いすやソファに敷くだけでマッサージチェアさながらのマッサージが体感できるマッサージシートが有名。ほかにもフィットネス、ボディメンテナンスなど、自宅で心身を整えるセルフコンディショニングツールを多く扱っています。振動マシン「3Dスーパーブレードシリーズ」もその1つ。そもそも振動マシンは「乗るだけで運動になる」と言われており、運動が苦手な人からインドア派から高齢者まで、幅広く支持されています。

 

同シリーズには軽量モデルもありましたが、「シリーズ史上最大の振幅でパワフルな揺れを体感」というキャッチコピーに惹かれ、今回は新モデルの「3DスーパーブレードPRO」を使わせてもらうことにしました。こちらの本体サイズはW750×H209×D430mmと意外と大きいのですが、それ以上に驚いたのが24kgという予想以上の重さ。一人ではとても運べないため、完全に据え置きタイプと考えたほうがよさそうです。

 

振動パターンは3種類。1つは、左右5mmの高低差で大きく揺れる「Highモーション」で、こちらはパワフルな揺れが体感でき、トレーニング効果を高めます。2つめの「Lowモーション」は、ハードバイブレーションテクノロジーによる高速振動の刺激で、筋肉を弛緩させることができ、トレーニング前後に使うとリカバリー力が高まるそう。もう1つは、強振動と微振動を組み合わせた「HLモーション」(MIX振動)と呼ばれるパターンです。

↑微振動による「Lowモーション」は揺れているようには見えませんが、最大毎分2500回と、細かく振動しています

 

↑強振動の「Highモーション」は左右に大きく揺れるため、立っているだけで運動になりそう

 

↑微振動と強振動を組み合わせた「HLモーション」

 

このほか、7パターンのオートモードも搭載。操作は本体または付属のリモコンで行えます。ブレードに乗った状態で本体の操作をするとバランスを崩す可能性があるので、リモコンで操作したほうが安心かもしれません。

↑本体の操作パネル。7パターンのオートモードのほか、振動パターンや時間、スピードを自分で設定するマニュアルモードもあります

 

↑リモコンも付属しています

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON