家電
2020/7/21 17:10

日立らしい着実な進歩だ! 100g軽量化し、ごみ圧縮機構を採用したスティック掃除機の新モデル

日立グローバルライフソリューションズは、コードレス スティッククリーナー「パワーブーストサイクロン PV-BH900H」を8月15日から発売します。実売予想価格は9万8780円です。

↑「パワーブーストサイクロン PV-BH900H」。カラバリは2色で、シャンパンゴールド(写真左)とルビーレッド(中)を用意。写真右はスタンド式充電台に収納した状態です。サイズはW255×H1024×D268㎜(スティック時)、標準質量は1.9㎏

 

軽量化を果たし、「からまんプレス」構造を採用するなど着実な進歩

本機は、スムーズな気流を実現した新設計の本体流路に加えて、リチウムイオン電池の電圧を上げることで強力パワーを実現。また、本体や延長パイプの樹脂部を軽くすることで、従来機種より軽量化した標準質量1.9kgを実現しています。

 

また、強い旋回気流でごみと空気を遠心分離する「パワーブーストサイクロン」、小型・軽量でも強力なパワーを発揮する「小型ハイパワーファンモーターX4」、押すときも引くときも吸引することでごみの取り逃がしを減らす「パワフル スマートヘッド」、約5秒間吸引力をアップする「ターボモード」などは引き続き採用。このほか、本体は凹凸の少ないシンプルなデザインに一新しました。

↑「パワーブーストサイクロン」など、集じん力を高める機能は引き続き搭載(左)。本体は凹凸の少ないシンプルなデザインに(右)

 

また、同社の軽量モデルに新搭載され、「ごみ捨てがカンタン」と好評を集めた集じん構造「からまんプレス」構造を採用。ダストケース内でごみと空気を遠心分離したあと、ダストケース下部(内筒下部)でごみを捕集する際、空気の流れを利用して集めたごみをしっかり圧縮。これにより、遠心分離の中心となる内筒部分のフィルターに髪の毛などが絡まりにくくなるので、お手入れがラクになるといいます。

↑ダストケース内のイメージ。ごみと空気を分離し(左)、ダストケース下部にごみを圧縮します(右)

 

設置サイズをコンパクトにした新「スタンド式充電台」では、付属のツールがすべて収納できるため、本体と必要なツールをサッと取り出して掃除を始めることが可能。また、多彩なツールを組み合わせることでさまざまな場所が掃除できる「立体おそうじ」を継続採用しました。

↑多彩なツールが付属しています

 

吸引力には定評のある「パワーブーストサイクロン」。従来機種より100g軽量化し、ごみも捨てやすくするなど、着実な進歩を果たしています。標準運転時間は約40分と十分ですし、付属ツールも豊富とあって、家中のごみをしっかり吸い取りたい人にはぴったりです。強力なメイン機を探している方は、ぜひ注目してみてください。

TAG
SHARE ON