家電
2020/10/27 20:00

たっぷり使えて安心! 除菌・消臭スプレーが作り放題になる「オゾン水生成器」に大満足

新型コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が長くなり、今まで以上に家の状態が気になるようになった人も多いのではないでしょうか。筆者自身、菌やホコリ、生ごみやペットのニオイに敏感になり、せっせと掃除したり、テーブルやキッチンをアルコールで除菌したり、空間除菌スプレーをまく回数が増えました。

 

その一方で気になっていたのが、アルコールや空間除菌スプレーの消費量と安全性です。特にアルコールは肌荒れの原因になるというし、わが家には犬もいるので、注意しながら使わなくては……そう思っていたところ、ふと目にとまったのが、フジ医療器からオゾン水生成器「トレビ・クリアゼロFWO-3」が発売されるというニュース。水と電気だけで自宅で簡単に除菌・消臭ミストスプレーが作れるというのです。これなら安心してたっぷり使えそう! ぜひ使ってみたい! と思い、さっそくお借りして家中で試しました。

↑こんなにエレガントなデザインなのに、除菌・消臭できるオゾン水が作れるなんて

 

オゾンが細菌の細胞膜を破壊することで、除菌・消臭を行う

本製品は、薬品を使わず水道水を電気分解することで除菌・消臭効果のあるオゾン水を生成するというもの。水だけで短時間で作れるため、心おきなく使えます。それでいて自然由来のため手肌に触れても手荒れの心配がなく、赤ちゃんやペットにも安心だそう。

 

そもそもオゾンでなぜ除菌・消臭できるのでしょうか? メーカーの資料によると、「オゾン(O3)は強い酸化作用によって細菌の細胞膜を破壊し、細胞内の成分が漏れ出ることで殺菌」してくれるのだそう。オゾンはその後、水と酸素(O2)に変わって自然の空気に戻ります。

 

しかも、その除菌・消臭力がすごいとのこと。第三者機関による試験(一定条件による)によると、「トイレやキッチンクロスなどの菌」「まな板やシンク周りなどの菌」は15秒後に99.9%以上減少、「臭いの原因となるアンモニア(トイレ臭など)」は52%、「イソ吉草酸(足の臭い)」は87%、「酢酸(汗の臭いなど)」は86%減少。さらにウイルス不活化についても、エンベロープタイプ(膜状の構造があるもの)、ノンエンベロープタイプ(膜状の構造がないもの)ともに99%減少したそうです(すべてのウイルスに効果があるわけではありません)。

↑メーカーホームページより。「トイレやキッチンクロスなどの菌」「まな板やシンク周りなどの菌」は15秒後に99.9%以上減少したとのこと

 

水道水を入れて通電台に乗せ、ボタンを押せばオゾン水ができる

さっそくオゾン水を作ってみました。見た目はデザインが美しいスプレーボトルですが、内側の底にオゾン発生器のようなものが見えます。水道水を既定のラインまで入れ、スプレーノズルを閉めたら、あとはボトルベース(通電台)に乗せ、ボタンを押すだけ。

 

生成ボタンを押すと、シュワシュワ~と細かい泡のようなものが発生してきました。これがオゾンなのでしょう。しばらくして紫色の光が点灯するとオゾン水が生成されたサイン。生成後、約10分間使えます。

↑ボタンを押すと、細かい泡が立ち上り、真っ白になりました

 

↑紫色のランプは完成の合図。いかにも除菌できそうな雰囲気です

 

↑「2min」を押すと、2分でオゾン水が生成され、10分間使用可能。「1h」を押すと、オゾン水の生成を15分に1回、1時間行うため、使っては戻し、使っては戻し……を繰り返しながら1時間使えます

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON