ライフスタイル
2017/6/30 18:00

時間はないけど旅をしたい人は台湾へ! カリスマモデルおすすめのフォトスポット3選

そろそろ7月になりますが、6月は祝日がなく、なかなか遠出もできなかった人は多かったのでは。そんな方にオススメなのが「台湾」。気軽に行って帰って来られるだけでなく、様々なフォトスポットが満載です。今回は若い女性に絶大な人気を誇るカリスマモデルの阿部朱梨さんが、台湾のスポットを徹底紹介。また、おまけでは台湾の食事を紹介します。

 

20170626_blnak2_8

「あまり時間はないけど旅に出たい!」そんな旅好きさんに、私が今回オススメする女子旅はフォトジェニックな街・台湾! 定番の場所から穴場スポットまで……、テンションが上がるフォトスポットを紹介しちゃいます!

 

フォトスポット1 「九份」

台湾を訪れたなら絶対に行きたい、映画『千と千尋の神隠し』の舞台にもなったと言われる新北市の街「九份」(ジョウフェン)。台湾を訪れたら何が何でも行く、と決めていたので、着いて一番に九份へ向かいました。街に着いたら目の前にあの有名な景色が現れる!と思いきや、舞台になったスポットは赤い提灯がたくさん空に並ぶ細道を少し歩いた先。お土産屋さんだったり、食べ物屋さんだったり、所狭しとお店が連なる道を進んでいくとお目当てのあの景色が突然、本当に突然!現れます。細道から少し開けた場所にある、舞台になったお店「阿妹茶酒館」を写真に収めるのはもちろん、くるりと振り返って、来た道を背景に写真を撮っても九份の独特な雰囲気が味わえてとてもオススメです♫

 

20170626_blnak2_1

 

フォトスポット2 「板橋林家花園」

次に紹介するのは、レトロでカワイイ写真がたくさん撮れる、意外と知られてないフォトスポット、新北市の「板橋林家花園」。街中にあるこの庭園は入園無料で中にある建物の外観だけじゃなく、内観も見て周れるのがオススメポイント。日本とは全く違った空気感に、初めて花園を訪れた私はとても感動しました。赤・青・黄色のはっきりした色が使われている建物が多くて、窓や扉は台湾らしいデザインでフォトジェニックなのは間違いなし。見つつ撮りつつ歩いていると、あっという間に時間が過ぎていて本当にびっくりしました。

20170626_blnak2_2

20170626_blnak2_3

 

フォトスポット3 「七美のダブルハート」

最後に紹介するのが、台湾の本島から少し離れた島「七美」の北端にある、見た人がハッピーになるダブルハート! 島の人口が少ないためタクシーの数も少なく、私たちは前日の夜に本島で仲良くなったタクシーのおじさんが連絡してくれていて無事に車をゲット! のんびりとした雰囲気のある島なので時間があるならレンタルスクーターで景色を楽しみながら移動するのもいいなと思います。そんなこんなでタクシーでダブルハートが見られる海岸に到着。水の中に浮かび上がるハートがとてもきれいでカワイくて、見ているだけでもハッピーな気持ちになれちゃいました。私はせっかくだし!と思って持ち前の図々しさ全開でたくさんお願い事して帰ってきました(笑)。もちろん写真も素敵に撮れるのでカップルさんには特にオススメします♫

20170626_blnak2_4

 

【おまけ】台湾の食事って?

〇朝ご飯編

台湾の朝ごはんで定番なのが鹹豆漿(シェントウジャン)という豆乳スープ。体も温まってお腹にも優しいので朝にはもってこいの一品でした。もう一つがホテルの方が朝に持たせてくれた、飯糰(ファントゥアン)という台湾おにぎり。一口食べるとサクッとしていて中には卵にお肉に漬物に……、しょっぱそうなのにとても甘い味わいにびっくりしつつも、おいしくて私はペロッと食べちゃいました!

20170626_blnak2_5

 

〇飲み物編

街中にあった八百屋さんみたいなお店で、フレッシュジュースを作ってくれるとのことだったので、私はパパイヤジュースを注文しました。とても安いのにペットボトルくらいの高さのジュースを渡されたときは驚きました!(笑)

20170626_blnak2_6

 

〇夜ごはん編

台湾は海鮮もおいしくて、本島から少し離れた離島に行ったときに食べた海鮮料理はどれも絶品でした。注文方法が独特で、いけすを泳いでる魚や貝を選んで、どういう風に調理するか(焼く・煮込むなど)を店員さんに伝えると、その通りの調理方法でおいしい料理にして出してくれました。

20170626_blnak2_7

 

 

文/阿部朱梨さん…10~20代の女のコに絶大な人気を誇るカリスマモデル

協力:mer編集部

※本記事は航空会社・バニラエアの機内誌「バニラプレス 2017年7-10月号」に掲載された内容の完全版となります