ライフスタイル
2019/1/31 18:00

カバンは洗濯機で洗えるの?素材別のお手入れ方法を紹介!

「伸びない・縮まない、ニットの洗い方」や「デリケートな服のためのアルカリ洗濯」など、洗濯方法はアイテムによって変わります。中でも、毎日使う通勤カバンやお出かけ用のバッグは、ふと、「あれ、こんなに汚れてた!?」と驚いたことがある人も多いのでは? でも、カバンを家で洗っていいのかどうか不安になるもの。そこで今回は、カバンのお手入れ方法を5つのPOINTに分けてご紹介します!

 

意外と簡単!? カバンのお手入れ

 

【POINT1】カバンの中身を入れ替えるときにお手入れ!


「手入れをしたいけど、暇がない」という人は、シーズンの入れ替わりやカバンの中身を出すときにササッと。まずは中身と一緒に、カバンの底に溜まった砂や糸くずなど細かなものを取り出します。

 

【POINT2】脱水の代わりに、タオルで水気を取るのがコツ


手洗いの場合も、洗濯機の場合も、脱水は型崩れの原因になるので行わないようにしましょう。すすぎが終わったら、バスタオルを押しあて水気を吸い取り、陰干しします。

 

【POINT3】綿や合成繊維素材は、ドライコースで!

素材によっては、洗濯機でもOK。綿や合成繊維だけでできたカバンは洗濯用ネットに入れて、ドライコースで洗いましょう。柔軟剤は使わず、洗いとすすぎだけを行います。

 

【POINT4】大事なカバンやニット素材は手洗いで!

お気に入りのカバンやニット素材のものは、バケツや洗面台のシンクに水を溜めて、おしゃれ着洗剤でやさしく押し洗い。汚れが目立つところはスポンジで軽くこすればOKです。

 

【POINT5】革や合皮素材は、ブラッシング&クリーナー

まずは、柔らかい毛足のブラシでカバン全体をブラッシング。色落ちしないか目立たない部分で試してから、革製品専用クリーナーで拭いていきましょう。

 

まとめ

いつも使うカバンは、お手入れすればグッと長持ちさせることができます。これを機会に、素材別のお手入れ方法を実践してみてはいかがでしょう。収納する際も、床置きや収納ケースにしまうのではなく、ハンガーなどにかけてしまっておくと、型崩れせず、次のシーズンもキレイに使うことができますよ!

TAG
SHARE ON